ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

石橋凌、約6年ぶりとなる“最高傑作”アルバム『may Burn!』がついに完成

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2016年7月20日に赤坂BLITZで行なったバースデーライブなど、生誕60周年を記念した”R-60 PROJECT”を積極的に展開してきた石橋凌。そのプロジェクトの集大成となるオリジナルアルバム『may Burn!』が遂に完成した。
石橋凌 (okmusic UP's)
石橋凌の完全セルフプロデュースで制作された本作は、自身曰く『約40年間の音楽活動史上、間違い無く最高傑作!』と約6年ぶりとなるオリジナルアルバムへの自信をのぞかせた。

今作は、力強い日本語をカラフルなビートに載せた”ネオ・レトロ・ミュージック”という新たなジャンルを提唱。まさに”名盤”と言える1枚になることは間違いないだろう。気になる収録内容は、書き下ろしの新曲10曲に加え、ライブで人気が高いARB時代の「抵抗の詩」と、同じくライブ人気曲でオリジナル作品に未収録だった「ピカドンの詩」も収録。

また、今作の参加ミュージシャンも”R-60 PROJECT”に相応しく、ギターに藤井一彦(The Groovers)、ベースに渡辺圭一(HEATWAVE)、キーボードに伊東ミキオ、そしてサックスに梅津和時といった馴染みのメンバーに加え、ドラムにサンコンJr.(ウルフルズ)、大島賢治(ザ・ハイロウズ)、沼澤尚といった敏腕ミュージシャンが名を連ね、音楽ファン必聴の作品に仕上がっている。“シンガー”石橋凌としての活動に益々期待は高まるばかりだ。

アルバム『may Burn!』
2017年7月19日(水)発売

CRCP-40520/¥2,963+税

<収録曲>

1.サヨナラ!バディ

2.パライソ

3.抵抗の詩

4.天のエール

5.エンドレス・ロード

6.神風ダイアリー

7.Hey,Voter!

8.SOUL DOCTOR

9.ピカドンの詩

10.SUNNY BRAIN

11.名も無きDJブルース

12.挽回ヴィクトリー

『石橋 凌 with JAZZY SOUL』
6月11日(日) 名古屋BLUE NOTE

6月15日(木) 東京COTTON CLUB

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。