ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ワンリパブリックのライアン・テダー、今後のリリース方針や自身のメンタル・ヘルスに踏み込んだ長文を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ワンリパブリックのライアン・テダー、今後のリリース方針や自身のメンタル・ヘルスに踏み込んだ長文を公開

 2017年4月27日、ワンリパブリックのフロントマン、ライアン・テダーが、バンドの公式フェイスブックに長文を投稿した。このメッセージで彼は、従来のアルバム発売とプロモーションのサイクルにはもう従わないと宣言し、バンドの今後のリリース方針や4月28日リリースの新曲「No Vacancy」について説明している。また、昨年アルバム『オー・マイ・マイ』をリリースしてから精神状態が不安定になっていたと、自身のメンタル・ヘルスについて赤裸々に明かしている。

 多忙な毎日の中で、「身体的に、感情的に、精神的に壁にぶち当たった」という彼は、「ノイローゼに陥りそうになっていた。眠れず、薬物治療を受け、幸せでなく、深刻な不安感に悩まされていた。疲弊しきっていたからなんだ」と明かし、「カレンダーを見たら、2016年の内200日も家にいなくて、更に3週間いなくなる予定になっていた。家族や妻や子供たちや友人たちの前から、要するに自分の人生からいなくなるということ。そして過去10年間ずっとそうだったことに気づいたんだ。その瞬間にやめたくなって、実際やめようとした。マネージャーに電話して、“もうやめてくれ”と伝えた。テレビ出演、プロモーション活動、シングルやアルバム発売を全てキャンセルしてくれと言ったんだ」と綴っている。

 「その頃、2月からアメリカでツアー、その後すぐにヨーロッパ、そして世界ツアーをする予定が入っていた。また長期間いなくなるということだった。そう考えただけで文字通り汗が吹き出し、心臓発作を起こすような感覚に陥った。深刻な不安感。曲も書けなくなった。(曲作りに)必要なモチベーションや喜びを失っていたからだ。今はもう大丈夫」と彼は明かしている。

 『オー・マイ・マイ』は気に入っているものの、その制作過程やプロモーション活動が自分を精神的に追い込んだと説明するテダーは、古くなった曲をシングルとしてリリースする従来のように方法にも不満が募っていたといい、「明日から(ワンリパブリックは)人として可能な限りのペースで新しい曲をドロップするつもりだ」と宣言している。

 その最初のリリースが「No Vacancy」であると説明する彼は、2週間後にまた新曲をリリースすると書いている。プロダクション・チームのスターゲイトとコラボして作ったこの曲については、「本当はゴティエのようなスタイルの楽曲をセレーナ(・ゴメス)の為に書こうとしたんだけど、コーラスを歌ったらしっくり来たんだ。大好きなポリスのような雰囲気があってさ。1か月後にカリブの方でライブをやったんだけれど、そこで歌詞とボーカルとインストゥルメンタルな部分を仕上げたんだ」と制作の裏側を明かしている。

 「No Vacancy」は従来のようにアルバムから先行してリリースされているのではなく、「ファースト・シングルではなくて、4月の曲だ」と彼は強調している。「もう“ファースト・シングル”とか“アルバム・サイクル”はない。これからはインスパイアされれば曲を書き、みんなの元へ出来るだけ早く届けるようにする。ストリーミング・サービスのおかげで何年もやりたかったことがやっと実現する。中には大好きな曲もあるだろうし、大嫌いな曲もあるだろう。でもさ、また2週間待てば別の曲が手に入って、それをすごく気に入るかもしれないよ」と彼は綴っている。

◎ワンリパブリック公式フェイスブックへの投稿
https://www.facebook.com/OneRepublic/posts/10155575208448912

◎「No Vacancy」リリック・ビデオ
https://youtu.be/qXiuVQ-GgA4

関連記事リンク(外部サイト)

名ヒットメイカーライアン・テダー率いるワンリパブリック、新たな魅力を発見できる約3年ぶりの新作『オー・マイ・マイ』(Album Review)
ワンリパブリック、映画『A.I.』にインスパイアされた新曲でピーター・ガブリエルとタッグ
ワンリパブリック 「キッズ」MV発表パーティ・レポート、待望の新作にファレルやP・ガブリエルの参加が明らかに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。