ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヘイリー・スタインフェルド、ライアン・テダーがプロデュースを手掛けた新曲をリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヘイリー・スタインフェルド、ライアン・テダーがプロデュースを手掛けた新曲をリリース

 2016年にミニ・アルバム『ヘイズ』で日本デビューを果たしたヘイリー・スタインフェルドが、新曲「モスト・ガールズ」をリリースした。

 「スターヴィングfeat.ゼッド」では、全米&全英iTunes シングル・チャートTOP10入りを果たしたヘイリー・スタインフェルド。そんな彼女の新曲をプロデュースしたのは、テイラー・スウィフト、マルーン5、エリー・ゴールディングなどのヒット曲を手掛けるライアン・テダー。昨年末に二十歳を迎え、楽曲も大人びた雰囲気が出ている1曲となっている。

 なお日本では、等身大の愛すべき17歳像を演じ、【第74回ゴールデングローブ賞】<主演女優賞>にノミネートされた青春映画『スウィート17モンスター』が絶賛公開中。公開を記念して、“コップのフチ子”とのコラボ・フィギュアも限定制作されている。

◎「モスト・ガールズ」音源
https://youtu.be/6mTqqloMDjI

◎リリース情報
「モスト・ガールズ」
ヘイリー・スタインフェルド
2017/4/28 RELEASE
https://umj.lnk.to/HS_mgPR

関連記事リンク(外部サイト)

自身初の全米TOP20入りしたヘイリー・スタインフェルド、ZEDDとタッグを組んだメロウ・チューンで垣間みせる新たな魅力とは?(Song Review)
ティーンを中心に人気を集めるヘイリー・スタインフェルドの魅力を凝縮した『ヘイズ』(EP Review)
自身初の全米TOP20入りした新星ヘイリー・スタインフェルド 来日インタビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。