体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットの“つながり疲れ”を感じたら…スマホ断ちして「圏外旅行」へ

生活・趣味

ネットの“つながり疲れ”を感じたら…スマホ断ちして「圏外旅行」へ
携帯の普及に伴い、メールやSNSなどでいつでも手軽にコミュニケーションがとれる時代ですが、常につながり続けることは、かなり疲れますよね。

そこで、ゴールデンウィークにおすすめしたいのが「圏外旅行」といわれるリフレッシュ方法です。

今回は「圏外旅行」の意味、デジタル依存が及ぼす悪影響、デジタルデトックスのメリットなどを医師に解説していただきました。
ネット疲れを感じるあなたは、ぜひ実践してみてくださいね。

圏外旅行とは?

ネットの“つながり疲れ”を感じたら…スマホ断ちして「圏外旅行」へ
インターネットに接続できない離島やへき地に行くことで、メール・SNSなどに束縛される生活から離れ、リフレッシュする旅行のことを指します。

スマホやタブレット、PCが一人一台の時代になり、どこでもWiFiでオンライン状態になれる現代ですが、あえてデジタル媒体から離れて疲れを癒そうという行為です。

その他にも、デジタル媒体から離れる行為を「デジタルデトックス」、「ネット断食」とも言うようです。

デジタル依存が及ぼす体への悪影響

ネットの“つながり疲れ”を感じたら…スマホ断ちして「圏外旅行」へ

眼精疲労

画面を見続けることによるもので、眼精疲労に伴い、ドライアイ、肩こり、頭痛などが起こり得ます。

近視

特に成長期の子供にとって、小さな画面を長時間見続けることがどのような影響があるか、未知の部分が大きいですが、近視が今まで以上に多くなることは間違いないでしょう。

不眠

また、モニター画面から出ているブルーライトという波長の短い光は、体内時計を狂わせ、不眠や睡眠の質の低下を招きます。

肥満、体力低下

自律神経や内分泌系、免疫系への影響も懸念されています。

外での活動が少なくなり、引きこもってネットをしていれば、運動不足から肥満や体力低下にもつながります。

デジタル依存が及ぼす精神面への悪影響

ネットの“つながり疲れ”を感じたら…スマホ断ちして「圏外旅行」へ

依存

アルコールやニコチンへの依存症と同様、自分でもやりすぎだと思っており周囲にものめりこみ過ぎだと言われるでしょう。

ですが、やめたいと思っていてもやめられない・他のことが考えられない・それ以外のことに関心が持てない・隠れてでもやろうとするということが起こり得ます。

1 2 3次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会