体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「魔の3歳児」まっさかりの息子を「なまはげ」にちょっくら叱ってもらってきた

f:id:Meshi2_IB:20170327131036j:plain

皆さん、「なまはげ」ってご存じですよね。

そう、手に包丁を持った鬼が「悪い子はいねがーーー!!」と叫びながら各家庭をまわる秋田名物のあれ、です。

私はテレビなどでしか目にしたことがありませんが、今見かけたなら「なまはげ」にこう訴えたいです。「悪い子いるよ、いる!」と。

それは我が家の息子。

現在3歳なのですが、とにかくイヤイヤがひどいわ、思い通りにならないと泣いて暴れるわ、知恵もついてきてうそや言い訳もするわと「魔の3歳児」のテンプレート通りなワンパク坊主へと成長しているのです。

ホント、「なまはげ」の手を借りられるものなら借りたいよ……って、え? なになに? 秋田に行かずとも東京で「なまはげ」に会えるところがある……?

よっしゃ、それなら「なまはげ」にこのきかん坊ムスコを叱ってもらおうじゃないですか。

「なまはげ」は銀座にいる

東京で「なまはげ」に会える場所。それは地下鉄の銀座駅から歩いて5分ほどのところにある「なまはげ 銀座店」というレストランです。

f:id:Meshi2_IB:20170327130250j:plain

まわりは「さすが銀座」と思わせるような高級そうな老舗クラブやバーが立ち並んでいます。こんなとこにいるのか、「なまはげ」が。銀座の蝶たちに混じって、秋田の「なまはげ」が……。

f:id:Meshi2_IB:20170327130252j:plain

今回、事前に息子には何も言っていないため、本人は大好きな電車に乗れてゴキゲンな様子。しかし駅を降りた途端、早くも「もっと乗りたかった」などと駄々をこね始めています。

おうおう、今日はいくらでも駄々をこねるがよい。

そのほうが「なまはげ」に叱られがいもあるというものです。

f:id:Meshi2_IB:20170327131037j:plain

▲今夜の主役となる我が家のワンパクなムスコ

一日二回の「なまはげショー」

事前にお店に問い合わせたところ、こちらでは「なまはげショー」を一日二回、19時半と22時に開催しているとのこと。本物の「なまはげ」が各テーブルをまわり、場を盛り上げてくれるのだそうです。

そこで今回は19時半の「なまはげショー」を目当てに、19時にお店の予約をとりました。お店のある9階まではエレベーターで。そしてドアが開くとすぐそこに「なまはげ」の等身大オブジェが……!

f:id:Meshi2_IB:20170327130249j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。