ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

交通違反を取り締まるために白バイが潜む場所

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
交通違反を取り締まるために白バイが潜む場所

交通違反を取り締まるスペシャリストともいうべき白バイは、交通警察の花形的な存在。それに見合った技量を持った猛者ぞろいです。しかも交通違反をおこしやすいポイントを誰よりもよく知っています。そんな白バイが交通違反を取り締まるために潜む場所を知っておいて損はありません。

白バイが潜むオーバーパスの脇道

「スピード違反を探すには、交通の流れを読むんです」というのは元交通機動隊員。人間は遅いクルマが前にいたら抜きたくなるので、大型トラックの前が白バイが潜む場所。追い越し車線を飛ばす車を狙い撃つわけです。

スピードが出やすい橋やオーバーパスの脇道も白バイは潜んでいます。スピードに乗ったクルマに目星をつけながら加速して、脇道から本線へ合流。しかも、トラックなど流れの悪い集団を利用してターゲットの死角に入ります。

実際に取り締まる際は「スピード違反の取り締まりは赤灯を点けて追尾します。スピードの測定に約7秒必要なので、その間に気づかれてはいけません」と話します。その時、クルマの死角に潜り込むテクニックもあるのです。

白バイが潜む場所こそ安全運転

それがサイドミラーとルームミラーに映らない絶妙な位置取り。サイドミラーに映らないクルマの斜め後ろに張り付き、運転者が信号で気を取られた隙を突いてクルマの後ろに回り込みます。このとき、ルームミラーに映らないようにするのです。

白バイが取り締まるのはスピード違反だけではありません。例えば、青信号が連続した後に通過するギリギリのタイミングで黄色から赤に変わる信号が設置されている交差点。一般道を熟知している白バイは、そんな場所に潜んでいるのです。

このように白バイが潜む場所というのは、逆にいえば交通違反をおこしやすい場所でもあるということ。そういう場所こそより注意を払って、交通ルールを守って安全運転することが大切というわけです。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。