ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Zepp、アジア各都市にてライブホール展開 クールジャパン機構による出資が決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Zepp、アジア各都市にてライブホール展開 クールジャパン機構による出資が決定

ソニー・ミュージックエンタテインメントは、グループ会社であるZeppホールネットワークとともに、舞台機構、照明・音響設備など仕様をグローバルで統一したライブホール「Zepp」をアジア各都市にて展開し、アジア広域にライブホールネットワークを構築していくことを発表した。

また、ライブホール開設・運営資金として、クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)より出資を受けることが決定した。

現在Zeppホールネットワークは、国内に4都市6ヶ所(札幌・東京・ダイバーシティ東京・名古屋・なんば大阪・大阪ベイサイド)にライブホール「Zepp」を展開し、2018年には福岡、2020年には横浜(コーエーテクモゲームスより運営受託)もオープン予定。

今後、アジア各都市にライブホール「Zepp」を展開することにより、日本の音楽産業の海外市場を開拓するとともに、国内外アーティストの海外公演における収益機会の創出、ライブ活動を通じた各都市とのコミュニケーションや文化交流を目指し、インフラ環境を整備していく予定。

「Zepp」アジア展開 各地域ホール概要
シンガポール「Zepp@BIGBOX Singapore」
所在地:1 Venture Avenue, BIG BOX Singapore 3階
ホール面積:3500㎡
収容人員:最大2,333名予定 隣接するMEGA BOX Event Hall Bと併用することで最大4,032名を収容可能
ホール概要:グランドオープン時期:2017年6月4日(RADWIMPSの公演を予定)
Zeppホールネットワークとシンガポールの現地法人Big Box Investment Pte.Ltd. が合弁会社「Zepp @ Big Box Pte.Ltd.」を設立、ジュロン・イースト地区にある複合商業施設「BIG BOX」3階展示場のMEGA BOX Event Hall Aを新装し、ライブホール「Zepp@BIGBOX Singapore」を共同運営する予定。「BIG BOX」は、イベントホールに加えてハイパーマーケット、家電量販店、家具店、飲食店、アパレル小売店、キッズ・プレイパークなど幅広いリテール・ビジネスを展開しており、ジュロン・イースト駅に直結する利便性の高い好立地にある。

マレーシア「Zepp Kuala Lumpur」
所在地:No.2,Jalan Hang Tuah,55100 Kuala Lumpur, Malaysia
ホール面積:約6,800㎡
収容人員:約2,500名(スタンディング時)
開業予定:2020年年末(予定)
立地概要:クアラルンプール市内中心部に位置する市内最大級の繁華街ブキッ・ビンタン シティセンター近辺の再開発地区に、オフィス、居住棟、ホテル、ショッピングモール、飲食店、小売店舗などを含む複合施設の建設を計画中だが、そのエンタテインメント施設エリア内に「Zepp」を設置予定。電車・モノレールのハン・トゥア駅にも隣接する好立地にある。

台湾「Zepp New Taipei」
所在地:Futuhsin, Hsinchuang District, New Taipei City
ホール面積:約4,900㎡(延床面積)
収容人員:約2,200名(スタンディング時)
開業予定:2020年4月(予定)
立地概要:台北市のベッドタウンとして近年人口が増加し、大規模高級マンションの他、政府の合同庁舎や国家映画センターの建設が進む新北市新荘副都心エリアにおいて、建設計画中の若者向けショッピングセンター(名称未定)内の8〜11F(4フロア吹抜)に「Zepp」を設置予定。台北駅から桃園空港MRTで3駅12分(9km)の新荘副都心駅から徒歩5分の好立地にある。

関連リンク

Zeppライブエンタテインメント

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。