体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Aya Gloomy『Ennui Ground』Interview

ayagloony_1

世界のインディーズシーンから一目置かれる原宿のレコードショップ兼レーベル、BIG LOVE。そのサブレーベルとして新たに設立されたSTBO Recordingsの第1弾アーティストとして、ファーストEP『Ennui Ground』を携えて登場したのが、謎多き22歳のニューカマー、Aya Gloomyだ。原宿から世界へ、今まさに彼女は新たな音楽を発信しようとしている。

――まずは自己紹介をお願いします。

Aya「2月14日にファーストEP『Ennui Ground』をリリースした22歳です。音楽のほか、ハンドペインティングとネットでPOMPOM SHOPというヴィンテージ・クローズのお店をやっていて。そこでは、90sものを中心に、私がアメリカで買い付けてきたアイテム、自分が好きなものや自分が普段着ているようなものを売っています」

――音楽を始めたのはいつから?

Aya「中学生の時に私のギター、ヴォーカルでバンドを始めて、高校の時には軽音部に入って、その頃、曲を作り始めました。当初は自分が伝えたフレーズを他のメンバーに弾いてもらうという感じだったんですけど、他の人に気を使いつつも、そのやり方では納得出来るものが作れなかったので、ラップトップを手に入れてからはベースやドラムといった全ての楽器を打ち込んで自分一人で作るようになったんです。そして、そういう経験を通じて、私は一人でやる方があってるんだなって思いました」

――当時はどんな音楽に影響を受けたんですか?

Aya「メジャーなサウンド、プロデューサーがいて、作り込まれた奇麗でクリアな音楽はあんまりぴんと来なくて、理由は分からないんですけど、自分たちで作ったDIYな音楽に惹かれるものがあります。例えば、ChromaticsやGlass Candyだったり、音だけじゃなく、映像もセンスがいいバンドをYouTubeで見つけて、その関連動画から海外のインディーズをあれこれ聴くようになりました。周りにはそういう音楽を聴く友達はいなかったんですけど、私は小さい頃から音楽もそうなんですけど、絵とか写真を全て感覚的に選んできて、特に色味やその組み合わせのチョイスだったり、自分の選んだものには自信があったし、みんなが知らないものを知っていることに優越感を感じていたところもあります(笑)」

ayagloomy2 ayagloomy3

――絵やファッションだけでなく、音楽においても使う音色やその組み合わせ、そのバランスも意識されていますか?

Aya「音とか声のバランスがばっちり合ったものは、わ!って思うし、音楽とヴィジュアル、ファッションも自分のなかでは繋がっていて、表現者として、服がダサかったら、全然好きになれないし、見た目を含めて、自分のスタイルがなにより大切だと思うんです。音楽をやっている人は意外と服に興味がない人が多くて、何でだろう?って思うんですけど、逆にファッションの人は音楽に興味がなかったりして、どちらも自分からするともったいないなって」

――では、Ayaさんから見て、その両方を兼ね備えた理想のアーティストは?

Aya「昔のアーティストですけど、スージー&ザ・バンシーズのスージー・スーは音楽とファッションがマッチしてて、私にとっての憧れです。今のアーティストだと、FKAツイッグスかな。彼女はスタイルと音楽が合っていると思います」

――今回のEPのリリース元であるレーベル兼レコードショップのBIG LOVEとの出会いは?

Aya「BIG LOVEに初めて行ったのは、高校2年生の時です。最初の頃は2、3ヵ月に1回の頻度で足を運んでいて、その時は音楽を作って、楽しければいいやという感じだったんですけど、毎日のように通って、仲(真史/BIG LOVEオーナ—)さんと話すようになってから、何が格好いいのか、自分が何をするべきなのかということが自然と分かるようになりました。お店でレコードを買うようになって、まぁ、ダウンロードは楽だったりもするんですけど、レコードを手にすると、その音楽や作った人のことがもっともっと好きになるんです。そんな感じで色々吸収するなかで、仲さんからリリースのお話をいただいたことは、自分にとって大きな出来事でした」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。