ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

江戸時代から続く老舗のうな重

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

4月27日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、午後16時50分~)では、古地図散歩の達人と一緒に古地図を頼りに浅草周辺を巡ったコーナーの中で、リポーターの宮脇理恵子さんが「鰻やっこ」(東京都台東区)を訪れた。

雷門通り沿いに店を構える同店は、江戸時代の寛政年間(1789~1801年)に創業したうなぎ料理店。江戸時代には隅田川でうなぎ漁が行われており、当時は天然の江戸前うなぎを使っていたという。

うなぎを食べるために入店した宮脇理恵子さんは同店で人気のメニュー「うな重・桜」(産地は日によって変わる)を注文。この日は肉厚で脂がのった静岡県産のうなぎが使われており、代々継ぎ足してきた秘伝のタレにつけてうなぎを焼き上げている。
運ばれてきたうな重の蓋を開けた宮脇理恵子さんは「じゃん、うわ~美味しそう~」と声を上げた。そして「いただきます」と言ってからうなぎとご飯を一緒に頬張り「本当にふっくら!脂がすごいのってますね!」「タレがほんのり甘いんですけど、すごいうなぎの身の味がしっかりとしますよね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:やっこ (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:浅草のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:浅草×和食のお店一覧
江戸時代から続く老舗のうな重
海の幸を使った名物蕎麦と名物ぜんざい

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。