ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「いつかは子ども部屋に…のつもりが物置部屋」を防ぐ、未来を見越した部屋作り

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20170426154806j:plain f:id:akasuguedi:20170423125428p:plain

今では片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは7年前の1人目妊娠の時。

以前は汚部屋暮らしでした。

産後は汚部屋から脱却して快適な暮らしを送っていたのですが、 5年ぶりに2人目を出産することになりまして… 。

ここまで、「出産前準備」、「産後の家事効率をあげる秘訣」に、「増え続けるベビーグッズの管理方法」「帰省準備」「子連れ引っ越し」「落書き後始末」についてご紹介してきました。

今回は新居購入した時に考えた、物置部屋を作らないためのコツをご紹介します。

まだ使わない子ども部屋は物置部屋になってしまうから

分譲マンションを購入したのは上の子が2歳の時でした。

60平米3LDK→70平米3LDKへの引越し。

将来子どもが2人になることを想定して洋間を2部屋確保できる間取りにしました。

が、子供部屋として使用するのはまだまだ先。

「小学生になって10歳くらいになったら、自分の部屋が欲しいって言い出すかな」

では、10歳までの8年間。子ども部屋を何に使うのか。

引越し前から計画を立てることにしました。

「なんとなく」モノを運び込むと、無秩序な物置部屋になってしまうことは経験済み。

以前に住んでいた50平米3DKの頃は、部屋が狭く収納も足りなかったことから、一部屋が納戸状態でしたから。

今度は「物置部屋でもしょうがないよね」って暮らしから抜け出したかったのです。


あらかじめ部屋の使い方を決めて

間取図を前に始めたのは、部屋の使い方を決めること。

「和室は寝室と子どものプレイルームにしよう」

「洋間のひとつは旦那さんの趣味のモノをまとめよう。

将来子供部屋になる時にはクローゼットとリビングに移動させるかな」

そして、収納には誰の何を収めると使いやすいのか計画しました。

「押入れは、和室で使う寝具とおもちゃを集めよう」

「廊下の収納には家族で使う道具を集めよう」

季節家電は押入れに、掃除機は廊下の収納に、オフシーズンの靴は数を見直してシューズボックスに、ベビーカーはトランクルームに…と。

以前は納戸状態の部屋に集めていた荷物たちも、洋間以外に収める場所を確保することができました。 関連記事:「あれはどこ?」の探し物パニックにさよなら。家族にも収納場所がわかる片付け術

f:id:akasuguedi:20170426154841g:plain

そうなると、子ども部屋に予定している洋間には、与える役割がありません。

備え付けの収納に収まったので、洋間を物置にする必要が無くなったのです。

日常的に過ごす部屋にしようにも、当時は子どもが小さくリビング中心で過ごす生活スタイルだったこともあり、廊下脇の部屋を使うと不便だったのです。

使う予定が無いなら使わない選択も

結果、「空っぽの部屋」として何もおさめずに残しておくことにしました。

空っぽの部屋に空っぽのクローゼット。空っぽのキャビネット。

部屋の中で声が反響するほど空っぽ。

時々、宿泊のお客様がある時にゲストルームに使われるくらい。

使わないなんてもったい無い!って声もありましたが、

「空いてるからー」とモノを溜め込んでしまうと、子ども部屋に変える時に、中身の移動先に苦労するほうが我が家にとっては大変。。

必要ないモノが家に溜まりだすと管理も手間になるのです。

f:id:akasuguedi:20170426153609j:plain

※部屋も空っぽ、キャビネットの中も空っぽ

f:id:akasuguedi:20170426153708j:plain

※いつ手放しても良いものだけが入っていたクローゼット

子ども部屋に切り替えるのも数時間

空っぽの成果は案外早くに効果をもたらすことになりました。

「10歳で子ども部屋かな」との予想を裏切り、上の子は5歳で子ども部屋を欲しがることになったのです。

新たに子供部屋を作るのは、大掛かりなイメージがあり、憂鬱だったのですが、子どもの荷物を収めていた押入れから、空っぽの洋間への荷物移動は驚くほど簡単でした。

空っぽの部屋に荷物を運び込むだけですから。

1時間弱くらいで完了です。

「いつか」の子ども部屋を物置部屋にしないことで、家全体の荷物をほどよくキープできます。

溢れかえる荷物の整理も不要なので、管理もしやすく、子ども部屋への切り替えも簡単になり、いいことずくめとなったのです。

f:id:akasuguedi:20170426153952j:plain

※当時ブログでも紹介していた子供部屋への改造のワンシーン

f:id:akasuguedi:20170426154013j:plain

※当時、ブログでも紹介していた空っぽのキャビネットに幼稚園の道具が収められたとき

未来を見越して引越し前から部屋の使い方を決めることが、将来に渡って楽に暮らせる秘訣かもしれません。 関連記事:脱・いきあたりばったり!夫の転職、地元へ移住‥、ライフプランを考えて決断したこと byうだひろえ

f:id:akasuguope02:20151225005044j:plain

著者:門野内絵理子

年齢:38歳

子どもの年齢:娘7歳、息子1歳11か月

妊娠退職を機に片付けに目覚める。引越しオーガナイザー。元、汚部屋の住人。現在「入居3年たっても新居がスッキリ片付づく引越し」として整理収納のプロの視点から片付けのサポートをしている。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

使い終わったマタニティ&ベビーグッズ、どこまで残す?捨て魔が決めた「残すルール」 by ゆるりまい
仕事の予定変更で、私だけ5日間も延泊! 1歳0か月の長男と初めてはなればなれに
やんちゃ盛り2歳児といざ出陣!さてどうなる?ゴールド免許更新への道(…出発前から試練あり) by ゆむい

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。