ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界初! 『イヴの時間 劇場版』を映画館とニコ生で同時上映 映画とネットのコラボが実現 

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

映画鑑賞中

2月25日(土)、ユナイテッド・シネマ豊洲と『ニコニコ生放送』のコラボレーションイベント『“映画館 X ニコ生”同時上映! アニメ「イヴの時間 劇場版」/ ニコニコ映画【特別】上映会』にが行われ、その取材をしてきた。本イベント中は、特別に劇場内でパソコン(PC)や携帯電話を用いて『ニコ生』にコメントを書き込むことが可能となっており、劇場内から書き込まれたコメントはこのイベントのために開発された画面下の特別欄に流れるという仕組みになっていた。

世界初の試み

本編前のトークショーには吉浦康裕監督と、小説版『イヴの時間another act』の著者である水市恵氏、声優の佐藤利奈氏、MCの氷川竜介氏らが登壇し、作品への思いや監督の次回作となる『サカサマのパテマ』についてトークを行った。

盛り上がるコメント達

『イヴの時間』で主要キャラであるナギの声優を務めた佐藤利奈がiPhoneアプリとしてリリースされている『イヴの時間 atc0X』の台本の一部を朗読するファンサービスを行った際は、『ニコ生』視聴者と会場コメントから大量の歓喜コメントが寄せられてスクリーンを流れていった。その様子を見た吉浦監督は、「『ニコニコ動画(β)』から見てるヘビーユーザーです。こうやって関われるとは」と喜びを口にすると、水市氏も「コメントがこんな大画面で見えるなんて。目で追えるか心配だったけど意外と目に優しい」と述べ、その後はしらばく登壇者と視聴者のコメントを通してのやりとりが行われていた。

分からないこともコメントでフォローしてもらえる

トークショーの後は、『イヴの時間 劇場版』の劇場・『ニコ生』同時上映が開始。『ニコ生』から書き込まれたコメントが劇場スクリーンに反映されるのはもちろん、今回は特別に会場内でPCや携帯電話から『ニコ生』にコメントを書き込むことが許可されていたため、会場には微かにPCのタイプ音が響き、液晶画面の明かりが灯るという、通常の映画上映とは少し違った雰囲気での上映となった。また上映中は吉浦監督と水市氏によるコメンタリーも流れ、各シーンごとのこだわりや制作秘話などがたっぷりと語られるなど、視聴者、観客、監督の三者がコメントを通してコミュニケーションを図る“世界初”の上映イベントとなった。

今後もこのような試みが増えるのだろうか

実際に映画を観た感想として、最初は画面上に書き込まれるコメント達が気になったが、徐々に“コメントと共に楽しむ”事ができるようになり、感動的なシーンではコメントと感情をと共にする事ができた。自分達の意見を言い合いながら映画を楽しめる新たなソーシャルの形を観る事ができたと考える。今後も、映画館と『ニコニコ生放送』のコラボレーションという画期的な試みが増える事を期待したい。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
渋市飛鳥の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。