ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

高知県民のソウルフード『ミレービスケット』がアイスになってるぞ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
高知県民のソウルフード『ミレービスケット』がアイスになってるぞ!

 油で揚げたビスケットに天然天日塩をかけた高知県民のソウルフード『ミレービスケット』。 100g・434kcalの高カロリーでも知られていますが、その甘さと絶妙な塩加減で気づいたら1袋開けていたなんていうことはザラなんだとか。実はマツコデラックスさんが2016年4月に自身の番組『夜の巷で徘徊する』(テレビ朝日)の番組内で、東京・銀座にある高知県のアンテナショップ『まるごと高知』にて爆買いしたところ、売上が急増し注目度もアップしたそうです。

【すべての画像や動画はこちら】

 そんなミレービスケットですが、実は2016年11月に地元の高校生のアイデアを元にした『ミレービスケットアイス』が登場。高知アイス(高知県吾川郡いの町)がミレービスケットの製造・販売元の一つである野村煎豆加工店(高知市)とタッグを組んで誕生した商品だそうです。

 蓋を開けるとバニラアイスの上にドカンと乗ったミレービスケットが豪快に現れます。さらにアイスの中に砕いたミレービスケットが混ぜ込んであり、ソフトな口当たりのまろやかなアイスと相性抜群でした。蓋には、故やなせたかしさんがデザインしたイメージキャラクターのミレーちゃんが描かれており、高知の郷土愛が生み出した商品だからこそのパッケージとなっています。
高知県民のソウルフード『ミレービスケット』がアイスになってるぞ!ミレービスケットがそのまま入ってる

 高知県ではスーパーなどでよく見かけますが、先に触れた東京・銀座『まるごと高知』に確認したところこちらも絶賛販売中。高知アイスのWebショップでも8個セット(税込3000円)が購入可能ですよ。一度食べだしたら止まらないミレービスケットとアイスのハーモニーを、ぜひお楽しみくださいね!
高知県民のソウルフード『ミレービスケット』がアイスになってるぞ!画像・編集部にて撮影

(大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

フローズンドリンクなのにレンジでチン ローソンの『マチカフェフローズン』が唸るほどの美味しさ
いぶりがっこのタルタルソースですって!? 気になりすぎて食べてみた
これはお肉のショータイムやー!ガストで『ビーフカットステーキ』フェア開催

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。