ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Licaxxx、金城武に“哀愁”感じる?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Licaxxx、金城武に“哀愁”感じる?
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。4月26日(水)のオンエアでは、水曜担当のLicaxxxとのコンビでお届けしました。

ここでは、水曜恒例コーナー「SONAR LICAXXX」をご紹介します。Licaxxxがオススメのナンバーをセレクトするこのコーナーですが、紹介された曲をファイリングしていくと、“どんどん男前になっていく”という“デアゴスティーニ方式”だそうなので、モテたい男子は必聴です(笑)。

今回のテーマは「哀愁のあるシブい男になろうぜ」。“哀愁”とは、「寂しくもの悲しい気持ち」という意味ですが、Licaxxxの中で哀愁のある男性像は「影があって、キザなセリフとか言っても染みちゃう感じ。金城武さんみたいな? あと、顔から苦労が滲み出てる人いるじゃないですか」だそう(笑)。

ということで、金城武さんをイメージしつつ、哀愁を思い浮かべながら、聴いてほしいと、ちょっと難しいリクエストをリスナーにして紹介したのは、Tommy Guerreroの「sidewalk soul」。

Licaxxx的には、ブルージーなサウンドでありながら、オルガンの音などどこかしら70年代の日本っぽさも彷彿とさせるナンバーだそうですが、藤田は「夕暮れのカリフォルニア感」を感じたようです。「だけど、Licaxxxの切り口でもう一回聴くと、“哀愁”がくるね!」とも。

「Tommy Guerrero自体はスケーターとして有名で、日本も大好きでよく来て、来日する度にハッピーでレゲエとか好きなタイプの方々が集まってくる感じなんです。でも今回(最新)のアルバムは全体を通してちょっと哀愁があるし、この曲は特に“哀愁”っていう切り口には一番ピッタリなんじゃないかなと思う曲で、最近、私がとても気に入っている曲です」(Licaxxx)

次回はどんなナンバーでリスナーたちをイケメンにしてくれるのか楽しみですね!

■今回のオンエア曲
夜の本気ダンス「SHINY」
CHAI「クールクールビジョン」
Gorillaz「We Got the Power」
A POP BOTTLE「天気雨は密やかに」
Royal Blood「Lights Out」
the peggies「ドリーミージャーニー」
Formation「A Friend」
Pitbull feat. Ne-Yo, Afrojack, Nayer「Give Me Everything」
tricot「TOKYO VAMPIRE HOTEL」
ゲスの極み乙女。「勝手な青春劇」
Tommy Guerrero「sidewalk soul」
唾奇×Sweet William feat. kiki vivi lily「Good Enough」
Ryu Matsuyama「Do it again」
DADARAY「美しい仕打ち」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。