ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

簡単なのにアレンジ上級者に見える!「編み込み風」ポニーテールアレンジのやり方

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
簡単なのにアレンジ上級者に見える!「編み込み風」ポニーテールアレンジのやり方

三つ編みができればOK!編み込みに見える簡単な裏ワザヘア

ざっくりバックで編み込んでいるアレンジ、かわいく見えますよね。「でも私は不器用だから無理」と諦めている方は特に必見です。
今回紹介する「編み込み風」ポニーテールは、なんと編み込んでいないのに編み込みに見えてしまうので、アレンジが苦手な方も上級者に見えてしまいます!! 使うものもヘアゴム4つだけでできちゃいます。
普段の日から二次会や特別な日など、いろんなシーンで活躍するアレンジです。人とは違う「編み込み風」テクニックでいろんなアレンジも楽しめますよ。

きつく編むのがポイントなので、編み目を崩さなくても大丈夫

① ハチ(頭の張ってるところ)で髪を取って、毛先を三つ編みにします。三つ編みはしっかりきつめに編むのがポイント!

② 顔周りのおくれ毛を残し、サイドの髪を2等分にします。2等分したうちのひとつを左右から後頭部へもってきて、三つ編みの上でくくります。

③ ②でくくった毛束を三つ編みの編み目の間に入れてください。もうひとつ残ったサイドの髪も、②と同じように後頭部でくくります。

④ ③でくくった髪を、③で入れたよりも下にある三つ編みの編み目に入れます。

⑤ うなじの毛先をまとめてゴムでくくれば完成。アクセサリー付きのヘアゴムにすれば結び目が隠れますよ。

毛先を丸めてシニヨンにしてもかわいいですよ

今回はポニーテールにしましたが、毛先を丸めてシニヨンにしても、どちらでもかわいくなります。
ヘアアクセもバレッタにすれば印象も変えられますし、ゴールドピンをサイドに留めれば今流行りの雰囲気に仕上がります。
編み込まないテクニックなのでアレンジも簡単です。あまり崩し過ぎないスタイルなので、髪の毛が崩れやすい雨の日や長丁場のイベントでも大丈夫ですよ。

美容師/林 好広(VARMA)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。