体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旧型ミニ クロスオーバー、十分なパワーのクーパーとクーパーSも100万円台前半に!

▲やや非力なワンは以前から格安相場でしたが、いよいよクーパーとクーパーSもお手頃になってきました!

▲やや非力なワンは以前から格安相場でしたが、いよいよクーパーとクーパーSもお手頃になってきました!

このサイズを走らせるならやはりクーパー以上がいい

今年3月2日(ミニの日)に新型が登場した影響でしょうか、旧型となったばかりの先代ミニ クロスオーバーの相場がグッとお手頃になっています。具体的には車両価格130万~150万円付近で、走行3万km台までというなかなかの好条件車が狙える状況なのです。

といっても、旧型ミニ クロスオーバーの中古車相場に詳しい人からは「何言ってんの? とっくの昔からそのぐらいの価格でも狙えたじゃん!」というご指摘があるかもしれません。

……それはそのとおりなんですが、「とっくの昔」に100万円台前半に突入していたのは、実は旧型ミニ クロスオーバーのなかでもワンというベースグレードが中心でした。

このワン、決して悪い車ではないのですが、ミニ一族のなかではかなり大柄なミニ クロスオーバーをストレスなく走らせるうえでは、少々非力だと言わざるを得ない部分もありました。なにせ1350kgの車重に対して最高出力わずか98psの1.6L自然吸気(ターボとかではない)エンジンですからね。

さほど飛ばさないタイプの人であっても、ミニ クロスオーバーを快適に走らせるためには最低でも中間グレードのクーパー(ワンと同じ自然吸気の1.6Lですがこちらは最高出力122ps)か、できればクーパーS(1.6L直噴ターボで最高出力184ps)を選びたいところなんですが、これまで、それらはまだちょっと高かったんですね。

しかしここへ来てついにクーパーならびにクーパーSの低走行物件も、100万円台前半でイケるようになったのですよ! というのが今回の主たるトピックです。ちなみにディーゼルターボのクーパーDやクーパーSDはさらに魅力的だったりもしますが、こちらはさすがにまだ200万円台半ばとか300万円台前半あたりが中心です。

▲ターボチャージャー付きのクーパーSであればかなり活発です。写真は「ALL4 」のクーパーS

▲ターボチャージャー付きのクーパーSであればかなり活発です。写真は「ALL4 」のクーパーS

▲ちなみに新型は旧型より全長が約200mm長く、全幅も30mm拡大されています。居住性などは当然新型の方が上なわけですが、旧型の手頃なサイズ感も、これはこれで魅力的です

▲ちなみに新型は旧型より全長が約200mm長く、全幅も30mm拡大されています。居住性などは当然新型の方が上なわけですが、旧型の手頃なサイズ感も、これはこれで魅力的です

市場の大半は6速ATの5人乗り仕様

さて、そんな魅力的なプライスゾーンに入ってきた旧型(になったばかりの)ミニ クロスオーバーのクーパーまたはクーパーSとは果たしてどんな車なのか、ざっくりですがご説明いたしましょう。

旧型ミニ クロスオーバーは、ハッチバックとコンバーチブル、クラブマンに続く「第4のミニ」として11年1月に登場したSUV。ミニ一族らしい洒落たデザインと雰囲気を持ちながら、それなりにサイズがある4枚ドアの車であるということで、「子育てに使える車が欲しいんだけど、国産コンパクトとか軽自動車とかは買いたくない……」という層からも結構な支持を集めました。

いちばんベーシックなグレードは前出のとおり「ワン」で、こちらは1.6Lの自然吸気エンジン。それの高出力版が「クーパー」で、さらにターボチャージャーで余裕を持たせたのが「クーパーS」です。一部のグレードには「ALL4」という4WD仕様がありますが、基本となる駆動方式はいわゆるFF(前輪の二輪駆動)。で、「ジョン・クーパー・ワークス」というハイチューンを受けたグレードや、クリーンディーゼルエンジンを搭載したグレードも途中追加されましたが、それらは中古車でもまだ比較的高額です。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。