ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

自分のお給料で一眼レフデビュー!2017新社会人におすすめエントリーモデル

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

この春から社会人となった方、生活の激変やあわただしい気候変動のなか、お元気にお過ごしでしょうか。今まではプレゼントやお下がりのカメラを使っていた人も、自分で稼いだお給料で最新の一眼レフカメラをゲットして、本格的にカメラ男子・カメラ女子としてデビューしてみませんか?今回は、世界に誇る日本のカメラの中から、初心者にやさしい機能を搭載したエントリーモデルをご紹介します。価格もお手頃なものをピックアップしていますので、新しいカメラライフを楽しくするためにも是非ご一読、お願いします!

おすすめ一眼レフカメラ・ニコン編

Nikon D5600

出典:価格コム
価格:99,980円(Amazon)

高いコストパフォーマンスを持つニコンD5600です。小型で軽量とビギナーにもやさしく、2416万画素・感覚的に操作できるタッチパネルと、Wi-Fiに対応しておりスマホなどにも簡単に写真を転送できる機能を持っています。このスペックを持つ一眼レフとしては驚きの低価格帯です。一眼レフのビギナーにおすすめしたいモデルです。

◆ネット民の声
https://twitter.com/ibqqt/status/856445387124518912
https://twitter.com/wasurena3939bon/status/850901815344250880
https://twitter.com/Y_Manabe/status/856044764306718720
https://twitter.com/sgr_x/status/851094204990095361
https://twitter.com/k__y033/status/849932952993579009

Nikon D3300

D5600の前モデルの位置付けになるD3300です。被写体からの電気信号を増幅させ、速い動きの被写体や夜間での撮影にも重宝するISO感度が最大12800。最新モデルD5500の25600に対して半分です。数値が大きければOKというものでもありませんが、撮影の幅は広がり、オートフォーカスでの撮影ではISO感度は高いほうがクオリティは高めになると言えます。ボディはD5600に比べるとやや大きいという声が多いです。

◆今ならこの値段で売れる

ニコンD3300は今なら18,200円〜10,920円の価格帯で売れるようです。後継機が比較的早いスパンで出るこのモデルでは、売る場合は思い切って早く売るほうが良さそうです。
(※価格はすべて2017年4月26日時点のもの)

ニコンD5600,D3300まとめ

小型・ハイスペックのエントリーモデルとしてニコンD3300の評価は高いです。今買うのであれば、小型化を極め、ISO感度の向上・そして使いやすいタッチパネルを搭載したD5600がおすすめです。そしてお下がりや贈答品のD3300を持っていたら、次の最新モデルが出て値崩れを起こす前に今売ることをおすすめします。自分のお給料で買った一眼レフは末長く使えること間違いなしです。

おすすめ一眼レフカメラ・ペンタックス編

PENTAX K70

出典:価格コム
価格:97686円(Amazon)

前述のニコンD5600に負けず劣らずのビギナーにやさしく、そして長く使える低コストモデルです。オートフォーカス機能が高く、人物などの動く被写体に向いているニコンD5600に対して、ISO感度102400(!)というK70は自然をより豊かに捉えることに向いています。がっしりとしたボディは-10℃の環境にも耐えられます。アウトドア志向のエントリーモデルとして申し分ないスペックです。

◆ネット民の声
https://twitter.com/ncc1366D/status/852846770144944128
https://twitter.com/fakecomponents/status/852186522992480256
https://twitter.com/fg510238/status/849986316720775168

K70の前身・K-S2はこの価格で売れる

2015年にアウトドア派お手頃価格として発売され、評価も高かったK-S2ですが、K70が10万円を切った現在、思い切って買い換えてみても良いのではないでしょうか。スペック的には2042万画素、ISO感度51200、1/6000秒高速シャッターとなかなかのものですが、長く使うことを考えると、すべての面で先端を盛り込んでいるといわれるK70への買い替えを検討してはいかがでしょうか。

◆今ならこの値段で売れる

ニコンK-S2は今なら33,977円 〜 20,386円の価格帯で売れるようです。2015年発売のモデルとしてはなかなかの高価格です。それだけ末長く使っているユーザーが多いのでしょう。K-70も将来的に息の長いモデルになる可能性を秘めています。
(※価格はすべて2017年4月26日時点のもの)

ペンタックスK-70,K-S2まとめ

連写機能・手ぶれ補正・液晶スペックとほとんどすべてのスペックが底上げされているK-70。発売間もないこの機種を買っておけば、数年間は十分に楽しめるでしょう。現在も愛用者が多いK-S2ですが、値崩れはどんどん進行していくでしょう。売って乗り換えるなら今ですよ!

おすすめ一眼レフカメラ・キヤノン編

Canon EOS Kiss X9i

出典:Amazon
価格:134,395円(Amazon)

こちらはキヤノンのEOSシリーズ、小型軽量のエントリーモデルのEOS Kiss X9iです。本体重量が485gと500gを切っているのが初心者に優しいところです。手に持った感覚も小さく手におさまりやすくなっています。初心者が一眼レフを持つ時にネックになるのがその重量ですので、エントリーモデルとして適しているといえます。

◆ネット民の声
https://twitter.com/kazuki_sr933/status/856450641043922944
https://twitter.com/usagi_5211/status/852521083001425920
https://twitter.com/__hikarururu/status/852012140521111552

過去モデル・EOS kiss-X7はこの価格で売れる

キヤノンEOS kissX7は今なら36,500円 〜 21,900円の価格帯で売れるようです。現在も愛用者が多いと言われるkiss X7ですが、ISO感度最高51200、連写速度最高6コマ/秒、撮影可能枚数820枚というkiss X9iに比べると少し物足りなくなってしまいます。kiss X7も小型・軽量が売りでしたが、同様のエントリーモデルX9i(kiss X7の二世代先)が出ている今、こちらを売って買い換えることを検討してはいががでしょうか。

キヤノンEOS kiss X9i,EOS kiss X7まとめ

エントリーモデルとして大好評だったkiss X7ですが、世代も二つ変わってエントリーかつハイスペックモデルが出ています。ニコンD5600やペンタックスK-70に比べて高価なのは否めないですが、新社会人として長く付き合うために、すこし頑張ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、新社会人のあなたに向けておすすめの一眼レフカメラ、それもエントリーモデルのカメラをご紹介してきました。今まで贈答品やお下がりのカメラを使っていた方も、初めて振り込まれたお給料で長く付き合える一眼レフカメラを選んでみてはいかがでしょうか。一眼レフは高価ぶん機能が盛りだくさんで、ハイスペックカメラは使いこなすのが難しいと思います。今回の記事を参考にしていただいて、末長く楽しめるカメラライフを送ってください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。