体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ネット系女子!】ファストからエシカルへ。人と地球に優しいファッションで「世界を変えたい」ギャルモデル、鎌田安里紗さん

いまどきのネットを騒がせている女性たちを紹介する「ネット系女子!」。18回目はモデルの鎌田安里紗さん。

高校生のときにギャル雑誌のモデルとしてデビュー。2011年に慶應大学に合格し、現在も大学で研究を続けながら現役のモデルとして活動し、”ありちゃん”の愛称で10代の女子を中心に支持されています。一方、「エシカルファッションプランナー」の肩書きでは、同年代の女性に向けてSNSなどで積極的に”エシカルファッション”の考え方を発信したり、ファッションブランドとコラボして洋服をプロデュースしています。

定期的に開催する勉強会は、SNSのみの告知にもかかわらずすぐに即定員オーバーという人気ぶり。Instagramのフォロワーは27万人を越え、若い女の子たちが彼女のエシカルなファッションやライフスタイルを真似するなど、ファッション業界において大きな影響力を持っています。

・・・・・・というわけでありちゃん、さっそくですがエシカルファッションについて教えてください!

「エシカルファッション」の楽しさを積極的に発信

――まず、エシカルファッションとはどういったものなんでしょうか?

「エシカル(ethical)とは『道徳、倫理上の』という意味なので、エシカルファッションという言葉を直訳すると『倫理的なファッション』。定義が明確に決まっているわけではないのですが、私はわかりやすく『人と地球に優しいファッション』と説明することが多いです」

――「人と地球に優しいファッション」っていい響きですね。

「そう感じてもらえると嬉しいです。人によって捉え方が違うのでひと言で定義するのは難しいんですけど、私は”どこで、どんな人が、どうやって作っているか”という服づくりの背景と、”いつまで着られるか、着られなくなったらどうするか”などの未来、つまり服を買う前・買った後のことを想像しながらファッションを楽しむ消費活動を『エシカルファッション』と考えています。

近年、流行を取り入れた服を安く買えるファストファッションのブランドが増えましたよね。でも、なぜ服を大量に生産できているのか、ちょっとだけ考えてみて欲しいんです。もしかしたら、早く安く作るために生産者さんの賃金を抑えたり、農薬や化学染料を大量に使っているかもしれない。その結果、生産者さんが貧しい暮らしを送ったり、環境に悪い影響を与えているかもしれない。

もちろん、こんなことを考えながら買い物をする人は少ないと思います。でも、エシカルファッションという考え方を知ることで、服が持つストーリーを考えるきっかけになると思うんです」

鎌田さんのInstagramから。捨てられた大量の服を見つめる鎌田さん

――でも、今や若い人たちにとってファストファッションは不可欠な存在です。

「流行の服がすぐ手に入るのは魅力的ですし、それに、金銭的な理由から、安い服を購入せざるを得ないないのもわかります。私だって、たくさんお金を持っているわけじゃないですしね。でも、流行っていて安いから買った服って、1年経てば着れなくなって結果としてゴミになっちゃう。それってすごくもったいないことだと思うんです。

自分が心底好きだと思える服を買えば、長く着れるし、結果として環境にも優しい『エシカルな消費』になるのにって。逆に言えば、ファストファッションの服でも、気に入ってずっと着続ければ、それもまた”エシカルな消費”といえると思います」

“好き”という感覚が「エシカルな消費」につながる

――ファストファッションの服でも、大事に着続ければ「エシカルな消費」になりうると。

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。