ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

2017年はフィルムカメラに挑戦!おすすめモデルまとめ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

カメラの人気はここ数年で継続中、2017年もまだまだ古いフィルムカメラの人気は勢いを増しています。そこで、今回は2017年の時点でおすすめ、レトロなフィルムカメラのモデルをご紹介したいと思います。Nikon、Canon、Olympus、PENTAX、Leicaとフィルムカメラでは定番のメーカーからそれぞれ1台ずつ紹介。気になるカメラはなくらないうちに手に入れておくのがおすすめです。

レトロなフィルムカメラに2017年は挑戦!

null

デジタル化した2017年の今現在。カメラが好きであるという方であれば、一度はレトロなフィルムカメラで写真を撮ってみたいと思うのではないでしょうか。新モデルでフィルムカメラは手に入りませんが、カメラは上質なモデルが多いのでヴィンテージで手に入れましょう。2017年おすすめのフィルムカメラをご紹介します。他にも、中古カメラの買取り方法に関してもご紹介します。

おすすめのフィルムカメラモデルをご紹介

Nikon FM3A

null出典:amazon

2001年に発売された、最後のMF機と呼ばれるニコンのカメラが好きな人やカメラ好きには、今も不動の人気を誇るモデルです。デジカメが発売される直前まで発売されていました。落とすとレンズが曲がってしまったり、角に傷みが出たりと何かと傷んだものが多いのもこちらのカメラの特徴。撮ることに問題がなければ購入を検討する方も多いので、中古で不要になったらまた高額で買取してもらうことも可能です。

→Nikonのカメラ買取サイトはこちら

Canon AE-1

null出典:amazon

1976年に発売された、世界的ヒットを誇るフィルムカメラです。発売された当時は、ちょうどAE機能の一眼レフカメラは最高級の一眼レフカメラとの狭間にあったモデル。生産量が少ないと言われていたせいもあり、今も非常に人気の高いカメラです。Canonのロゴに関しても今とは違ったフォントを用いており、見た目だけでもレトロが感じられます。ネットでは数千円~数万円で手に入るので、今回ご紹介するフィルムカメラの中では低価格。

→Canonのカメラ買取サイトはこちら

Olympus OM-1

null出典:amazon

1973年に発売。OMシリーズの初代機として発売され、今では当たり前になった世界最小最軽量の35mm一眼レフとして、高機能+最小化が実現したと世界的に注目を集めました。このOM-1を発表するにあたって、軽量化のため用いる素材と加工技術、耐久性を高めるなどさまざまな面で、Olympusの技術が大きく向上し発展したと言われている、革命的なモデルです。

→Olympusのカメラ買取サイトはこちら

PENTAX MX

null出典:amazon

1976年に発売。PENTAXが展開する機械式一眼レフカメラとしては一番最後に発売された有名なモデルです。当時はアサヒペンタックスとしても、日本国内ではパイオニア的存在として知られていました。495gと重量は軽く、サイズ感も小さいのに高級感のあるフォルムです。2017年時点では1万円台で購入できますが、稀に高価な価格で取引されるほど品薄になることもあるので、気になる方はお早めに。

→PENTAXのカメラ買取サイトはこちら

Leica M3

null出典:amazon

1954年に発売。M3は、「3」と名がついていますがM型のライカで一番最初に出たモデルです。フレームが3つ付いているということから付いた名。こちらのモデルは、某有名なアニメのキャラも使用していたたため、日本国内では特に知名度が高く親しみやすいフィルムカメラとして知られています。初期型、中期型、後期型とレバー操作などの部分で仕様が少々異なるため、こだわりがあるという方は好みの型のモデルを探すのも楽しみになること間違いなし。

→ライカのカメラ買取サイトはこちら

フィルムカメラの選び方

null

できれば実物を見ておきたい

フィルムカメラは、現代のカメラの感覚でいるとまったく操作が違ったり、思いのほか重くて使いづらいなどのギャップが生じます。できれば中古カメラを取り扱うショップに行き、気になるモデルは実物を見せてもらっておくのがおすすめ。フィルムなど気になる点も、店頭で相談しておくのもいいでしょう。

万が一合わないと感じたら

今回ご紹介したフィルムカメラは、いずれも有名なモデルばかりです。万が一合わないと感じたら買取してもらうことが可能です。そのほかにも新しいカメラを手に入れたがために、過去に使用していたモデルは不要になったという方であれば、買取してもらうのがおすすめ。基本的には新しいデジタルカメラから古いアンティークカメラまで買取可能です。

カメラを買取してもらう流れについて

null

まずは見積もり査定額を出してもらう

買取店によって、買取金額は異なります。特にフィルムカメラのような希少価値の高いカメラは、できるだけカメラに関して知識のある専門店で売らなければ、片方の店は5,000円にしかならなかったのに、もう片方の店では数万もの価格になったという結果に後悔することも。

まずは複数の買取店で見積もり査定額を出してもらい、一番高く売れる店を探しましょう。2店以上で出してもらうことはもちろん、4~5店も比較すれば、価格に差が出ます。

複数の買取店の情報が知りたいという方であれば、ウリドキサイトを確認しておくのがおすすめ。実際に買取してもらったという口コミ情報や、買取店ごとのサービス内容も掲載されています。

→ウリドキのホームページへ

買取方法は宅配買取もおすすめ

買取といえば店頭買取が思い浮かびがちですが、最近は宅配買取も実施するお店が増えています。宅配買取とは、カメラを発送して買取してもらうという方法。発送買取であれば、全国どこにお住まいの方でも気軽に売れるという点が魅力的です。見積もり査定額をメールや電話で聞いた場合は、宅配買取に適用されることが多いということも知っておくと安心でしょう。

フィルムカメラを始めてみませんか?

null

新しい高機能なデジタルカメラも良いですが、発売当時に高機能だと呼ばれていたフィルムカメラも味がある写真が撮れて楽しめること間違いなし。最近ではスマホでフィルムカメラをイメージしたようなアプリもたくさん出ているため、実物にも興味があるという方は増えています。中古カメラは数が限られているため、買えるうちにぜひ挑戦を。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。