ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

与那国島のおすすめ観光スポット12選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
与那国島のおすすめ観光スポット12選

与那国島は日本の最西端の島であり、晴れた日には海の向こうの台湾が見えるという本州とは違った独特の雰囲気を持つ場所です。

どこまでも続く深く青い海、断崖絶壁に囲まれた景観…沖縄の離島でも、特に魅力的な与那国島。

今回は、そんな与那国島に旅行に行った際に必ず訪れたい観光スポット7ヶ所を厳選してご紹介します。

 

1.東崎(あがりざき)

@blue_sea220が投稿した写真 – 2016 7月 30 3:45午前 PDT

与那国島の最東端にある岬『東崎(あがりざき)』では、目の前に大きく広がる空と青く美しい海を堪能することができます。

岬の周辺はなだらかな牧草地になっており、与那国馬や牛が放牧されています。雄大な景色とのんびりとした動物の姿にまったり癒されますよ◎
■詳細情報
・名称:東崎
・住所:沖縄県八重山郡与那国町与那国2087(付近)
・アクセス:●空港→東崎(約7.2km)車/約9分(40km/h)●久部良港→東崎(約11.7km)車/約15分(40km/h)
・備考:駐車場・トイレあり
・公式サイトURL:http://www.yonagunijima.net/k-agari.php

 

2.海底遺跡

37damUCさん(@37damuc)が投稿した写真 – 2016 1月 31 1:10午前 PST

与那国島の南岸・新川鼻の沖合約100メートルの場所には、とても神秘的な海底遺跡があります。もしこの遺跡が人の手によって作られたものであれば、なんと世界最古の古代遺跡ということになるそう!

ダイビングスポットとしても有名で、数多くのダイバーたちがこの場所を訪れています。
■詳細情報
・名称:海底遺跡
・アクセス:●久部良港からダイビングボートで約15分
・公式サイトURL:https://ja.wikipedia.org/wiki/与那国島海底地形

 

3.立神岩

やえやまガイドブックさん(@yaeyama_guidebook)が投稿した写真 – 2016 7月 23 1:05午前 PDT

島の南東部沖合いにある、高さ30m程の岩礁『立神岩』。与那国島を代表する人気観光スポットです。

唯一無二の存在感を誇る堂々とした姿が特徴で、あまりの神々しさから古くより『神の岩』と呼ばれ、信仰の対象とされてきました。雄大な岩と海のコントラストはとても迫力があり、また美しくもあります。
■詳細情報
・名称:立神岩
・住所:沖縄県八重山郡与那国町2087
・アクセス:●空港→立神岩(約8.5km)車/約12分(40km/h)
      ●久部良港→立神岩(約10.2km)車/約15分(40km/h)
      ●東崎から約2.2km 車/約3分
      ●比川浜から約6km 車/約8分
・公式サイトURL:http://www.yonagunijima.net/k-tatigami.php

 

4.西崎(いりざき)・日本最西端の碑

pekoricoさん(@pekorico)が投稿した写真 – 2015 9月 5 8:25午後 PDT

台湾までわずか111km!与那国島の最西端にある岬『西崎』には、日本最西端の碑が設置されています。

天気が良い日には岬からはるか西方に台湾が一望できるそう。この岬には展望台と灯台も建てられており、展望台からは島全体がパノラマ状に見渡せるといいます。
■詳細情報
・名称:西崎
・住所:沖縄県八重山郡与那国町与那国3984(付近)
・アクセス:与那国空港より車で約15分
・電話番号:0980-87-2241
・公式サイトURL:http://www.okinawastory.jp/spot/20420901

 

5.ティンダハナタ

湯野見さん(@yunomi12345)が投稿した写真 – 2014 5月 2 1:07午前 PDT

祖内集落からみると、ひときわ目を引く巨大な岩山…それこそが『ティンダハナタ』です。

サンゴの隆起によってできた高さ100mぐらいの断崖絶壁で、周囲の自然と相まって迫力満点!中腹には展望台入口があり、そこから小道を歩いて行くと景色が見渡せるひらけた場所に到着するそうです。
■詳細情報
・名称: ティンダハナタ
・住所:沖縄県八重山郡与那国町与那国
・アクセス:波多港から徒歩30分
・公式サイトURL:http://www.yonagunijima.net/k-tynda.php

 

6.久部良バリ

@mv_28が投稿した写真 – 2013 6月 8 10:08午後 PDT

与那国島の西部にある『久部良バリ』とは、大きな岩の割れ目のことです。長さ15メートル、幅3.5メートルの巨大な断層の割れ目。その迫力は、他の場所では味わえません。

また『久部良バリ』は、その昔、悪税に苦しんだ八重山の人たちがいたぶられた悲しい歴史をもつ場所としても知られています。
■詳細情報
・名称:久部良バリ
・住所:沖縄県八重山郡与那国町字与那国4022-1
・アクセス:久部良港から徒歩20分
・営業時間:24時間
・定休日:なし
・公式サイトURL:http://www.town.yonaguni.okinawa.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

ニューヨーク好きの “都会っ子” な私も虜になった!「サイパン島」の魅力を徹底解説♡
久米島のおすすめ観光スポット7選
青い海と空が眩しい「沖縄」の絶景7選 
湘南に飽きたら東京の離島へ。この夏「神津島」に行くべき5つの理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。