体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Backlog、Confluence、Qiita:Team──コラボレーションツールによる情報共有で成果を上げる

ヤフー全社員が「Confluence」でコラボレーション

今回のテーマは「コラボレーションツールを介したチーム開発の事例共有」。Backlog、Confluence、Qiita:Team──各製品のユーザー企業がキーノートスピーチに登壇。その製品をなぜ選んだのか、またどのように使っているのか、どんな成果が得られたのかなど、それぞれの導入事例が披露された。

最初に登壇したのは、ヤフーでAtlassianの「Confluence」の運用を担当している高橋邦洋さん。スピーチタイトルは「みんなで使おうConfluence」。高橋さんはAtlassian User Group Tokyoというユーザーグループのリーダーも務めている。

ヤフー株式会社 情報システム本部 高橋邦洋さん

ヤフーでは2005年にConfluenceを導入しており、高橋さんがヤフーに転職してきたときはすでに導入されていた。導入のきっかけは当時、ヤフー社内ではコラボレーションツールが乱立していたこと。

そこでACL(アクセス制御リスト)が提供されていたことから、Confluenceの導入を決めた。現在のデータ量はスペースが7300。ページ数は履歴込みで約1700万。カレントデータのページ数は220万となっている。

1日当たりの更新回数は2万5000。ユーザー数9800のうち85%ぐらいが利用している。単純計算すると、約8000人が1日2~3回更新している。

AtlassianではConfluence4から誰もが簡単に使えるよう、エディタを従来のマークアップからWYSIWYGへと変更した。これにより利用者は幅広く増加したが、これまでのユーザー(エンジニア)からは不評だった。

出典:Confluence for All Team by kunihiro takahashi

一方、新たにユーザーとなった非エンジニアからも、マークアップを覚えなくて良いのはよいが、マクロのWordやExcelのような使い勝手はないという不満があった。

つまりみんなが気持ちよく使うのは非常に難しいことだが、徐々にお互いが歩み寄ることで、みんながConfluenceを使えるようになっていったのだ。

Confluenceという1つのツールで情報共有したことで、得られたメリットがある。

第一は横断的な技術情報の共有ができたこと。ほかの部署が先行して作業したトライアンドエラーや手順などを共有できたり、エラーメッセージの参考となる情報がみつかるようになった。

つまり担当した作業をConfluenceに記録するだけで組織横断的な情報共有が実現した。

第二に社内での過ごし方が豊かになったこと。例えば新しいオフィスの過ごし方、駅からの最短経路、永田町のランチ情報など、全社的に興味のあるものが共有され得るようになった。

第三は全員が同じツールを使うことで組織間、業種間の壁がなくなったことだ。

1 2 3 4 5 6次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。