体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「鶏料理専用ワインは焼鳥とどう相性がいいのか?」ワインと焼鳥のマリアージュを検証してみた

IMG_3246_f

鶏肉専用ワインをご存知ですか?

昨今、ちまたで肉専用のお酒がチラホラみかけますが、酉年(とりどし)の本年に、フランス/ジネステ社の『フレンチ・ルーツ』が発売。こちらは、なんと鶏肉専用ワイン。しかも鶏肉の部位に合わせて飲み合わせることができるのだそう。

IMG_3200_f

さらにリブ肉専用ワイン、南アフリカ/ダグラス・グリーン・ベリンガム社の『リブ・シャック・レッド』も登場。

IMG_3285_f

なんて素敵なワインなのでしょう……!

“三度の飯と焼鳥が大好き!”という記者の私と、“肉好きそして、もちろんお酒も好き!”なガジェット通信編集部スタッフ達で合わせて飲み合わせ実験。

「鶏料理専用ワインは焼鳥とどう相性がいいのか?」ワインと焼鳥のマリアージュを検証してみました。検証という名目の飲み会レポートの様子をお届けします。

【検証】鶏料理に合うワイン『フレンチ・ルーツ』3種類を焼鳥と食べ合わせ

IMG_3365_f

まずは鶏料理に合うワイン『フレンチ・ルーツ』から検証開始。『フレンチ・ルーツ』は、鶏料理におすすめのフルーティーでバランスのよいワインフランス・ボルドー地区の名門ネゴシアンであるジネステ社が製造。ラベルとスクリューキャップにはフランス国旗のトリコロールが配置。ラベルには、雄鳥のマークがキラリ。ライナップはメルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、ソーヴィニヨン・ブランの3種類。それぞれの相性がよい焼鳥と合わせて食べ合わせてみます。

『フレンチ・ルーツ』דももたれ”、“つくねたれ”

IMG_3271_f

『フレンチ・ルーツ』は、バランスのよい、なめらかな渋みが心地よいワイン。焼鳥でいうと、“ももたれ”、“つくねたれ”と相性がよいらしいです。

食べ合わせてみた感想:
・まろやか。
・食の“足し算”の旨さといったところ。肉の旨みをさらに美味しく積み重ねる印象のワイン。
・ワインと一緒にのみ食べるとおいしさ倍増。

『フレンチ・ルーツ』דレバーたれ”、“ぼんじり”

IMG_3254_f

『フレンチ・ルーツ』は、新鮮なフルーツのような香りと、爽やかでスパイシーな味わいのワイン。こちらは、“レバーたれ”、“ぼんじり”など油の多い部位のたれに適しているのだとか。

食べ合わせてみた結果:
・メルローが足し算の旨さなら、こちらは引き算のテクニック。焼鳥とともにサッパリと爽やかにいただけます。
・なんだかわからないが旨い。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。