ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

実写版映画『ライオン・キング』、セス・ローゲンとビリー・エイチュナーが声優として出演決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

複数の情報筋が本紙ヴァラエティに認めたところによると、セス・ローゲンとビリー・エイチュナーが、米ウォルト・ディズニーが手掛ける実写版映画『ライオン・キング』のティモン役とプンバァ役に選ばれた。

同作は、ドナルド・グローヴァーが主人公のシンバ役としてキャスティングされている一方、ジェームズ・アール・ジョーンズが、オリジナル版映画で演じたムファサ役で再び出演する。ビヨンセは、現在もナラ役の出演候補だ。

オリジナル版でティモンとプンバは、王国から逃れたシンバの世話をする愛すべきミーアキャットとイボイノシシだった。

同作は、ジェフ・ナサンソンによる脚本をもとにジョン・ファヴローが監督を務める。同作は急速に開発が進んでおり、同スタジオは最近になって2019年7月19日を米劇場公開日に設定した。

1994年に公開された『ライオン・キング』は、最終的に全世界での興行総収入9億6850万ドルを稼ぎ、史上最高の興行収入額を上げたアニメ-ション映画のひとつである。

米ディズニーによる実写版映画化のプロジェクトは、映画『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)、映画『マレフィセント』(2014)、映画『シンデレラ』(2015)、最近に全世界での興行総収入10億ドルを突破した映画『美女と野獣』の成功に続くものである。同スタジオは、ティム・バートンが監督を務める実写版映画『ダンボ』、実写版映画『ムーラン』の準備も整えている。

ローゲンは、映画『カンフー・パンダ』、映画『モンスターVSエイリアン』、2016年に公開された共同脚本とプロデュースを手掛けた映画『ソーセージ・パーティー 』などアニメ映画のヒット作に出演しており、声優業に精通している。ローゲンは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)、プリンシパル・エンターテイメント、フェルカー・トチェックと代理人契約を結んでいる。

エイチュナーは、『Billy on the Street』の司会として最も知られており、Huluのシリーズ『Difficult People(原題)』にも出演している。エイチュナーは、UTA、3 Artsと代理人契約を結んでいる。

このニュースはTheWrapが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。