ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

どうやって生まれた!?レクリエーション介護士誕生秘話を公開!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

みなさんこんにちは。BCC株式会社の富永です。今回は、レクリエーション介護士という資格が誕生した背景について、お話させていただきます。

人活支援サービス事業の受託

レクリエーション介護士は、2014年9月にリリースされました。まだ、誕生してから2年半ほどしか経っていないのです。人間にすれば、ようやく言葉を話し始めるころでしょうか。

レクリエーション介護士という資格の誕生のきっかけは、運営元であるBCC株式会社スマイル・プラスカンパニーが2013年に経済産業省の【多様な「人活」支援サービスの創出・振興】事業を受託したことからお話しなくてはなりません。

この人活という事業は、ひと言で言うと成長産業分野の人材の底上げが目的です。介護業界もこの「成長産業分野」にあたります。

200施設をまわって分かったこと

BCC株式会社スマイル・プラスカンパニーでは、この「人活」事業を受託し、介護の現場調査を実施しました。関東・関西合わせて200件の介護施設に直接お伺いし、現場の人材、レクリエーションに関する課題や成功事例、失敗事例を徹底的にヒアリングしました。このときの調査結果が、レクリエーション介護士が誕生する大きなきっかけとなりました。

余談にはなりますが、私自身が関東で100件の施設へお伺いさせて頂きました。事前に電話でお約束を頂いてからお伺いするのですが、ちょうどこの頃メディアで消火器詐欺が取り上げられていたこともあり、「経済産業省の受託事業で…」などと電話するものですから、それはもう、間違えられました(笑)

電話をかけてお約束いただいては伺い、伺っては電話をかけ…の繰り返しで多くの施設様に訪問させて頂きました。どの施設様もとても親切にしてくださり、様々な質問に真摯に答えてくださったことを今でもよく覚えております。この場を借りて、当時ご協力頂きました200件の施設の皆様にはお礼申し上げます。

初夏に始まった私たちの施設訪問は、気がつけば年も越し1年で最も寒い月。2月を迎え関東、関西それぞれ100施設の訪問が完了しました。

集まった現場の声

初夏に始まった私たちの施設訪問は、気がつけば年も越し1年で最も寒い月。2月を迎え関東、関西それぞれ100施設の訪問が完了しました。なかでもレクリエーションに対する課題は深刻なものであると感じました。それは課題を通り越し、悲鳴のようにも聞こえたのをよく覚えています。

多数を相手に何をしたらよいか、わからない

年齢、視力、聴力、マヒの有無の差のある中で、内容設定に悩んでいる

狭い場所でもできる運動やゲームが知りたい

私たちの企業理念は「人を支える人を、支える」。この悲鳴にも似た声を、どうにかしなくてはならない!こうして「資格制度 レクリエーション介護士立ち上げプロジェクト」は始動したのです。

さいごに

レクリエーション介護士資格は、現場で働く方たちの声をもとに生まれた資格です。超高齢社会を迎えた今だからこそ、現実に起こっている問題を把握、解決していかなくてはと考えています。さて、次回は「レクリエーション介護士資格取得で変わる介護」をお届けします。

それまで、しばしのお別れです。

前回記事:意欲・元気を再創造するレクリエーション介護士ってなに?

脳いきいき! 楽しい介護レクリエーション
脳いきいき! 楽しい介護レクリエーション

この記事を書いた人

富永雅美

一般社団法人日本アクティブコミュニティ協会を運営するBCC株式会社スマイル・プラスカンパニー所属。同協会が認定するレクリエーション介護士の開発メンバーの1人でもある。通信教育のユーキャンと回想レクリエーションツール「思い出しカード」など商品開発にも携わるなど、企業とのマーケティングや開発業務を担当。レクリエーション介護士講座では、前職であるスポーツインストラクターの経験とノウハウを活かした講義や現場でのレクリエーションが人気。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
認知症ONLINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。