ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

360度ビデオ編集も思いのままに!動画編集ソフト「Pinnacle Studio」がアップグレード

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

fullsizeoutput_28da360度動画を撮影したり視聴したりするカメラやヘッドセットが浸透しつつある。そうした現状を反映し、動画編集ソフトウェア「Pinnacle Studio」の新バージョン「20.5 Ultimate」がリリースされた。

プロレベルの360度動画編集を可能にしたほか、画面分割ビデオなどの新機能も搭載するなど楽しみ方が無限に広がりそうだ。

・360度から普通のビデオへの変換も

動画編集ソフトは多数展開されているが、 Pinnacle Studioでは多数用意されたエフェクトをかけたり、テロップの色やフォントまで変えられるなど思いのままに編集できるのが売り。

fullsizeoutput_28df今回の新バージョンでは、360度動画の編集ができるように。各フォーマットに対応し、取り込んですぐにトリミングやタイトルの書き込みできるほか、360度動画を普通のビデオに変換することも可能だ。

・分割画面はプロモビデオに最適⁈

また、画面分割の機能も新しく搭載した。写真編集ではすでに馴染みがあるが、1つの画面に複数のビデオを表示するというものだ。

用意された画面分割テンプレートだけでなくオリジナルのテンプレートも作成でき、たとえば画面を4つにして春夏秋冬それぞれのアクティビティのビデオを流す、なんてこともできる。ビデオアルバムやプロモーションビデオの作成に使えそうだ。

fullsizeoutput_28dcそのほか、ビデオの中の動く被写体を追跡するモーショントラッキングや、ストップモーションアニメ編集の機能も追加され、プロレベルの領域といってもいいだろう。

Pinnacle Studio 20.5 Ultimateは有料になるが、無料のソフトでは物足りないという人はチェックしてみてはいかが。

Pinnacle Studio

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。