体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、言語障害を持つ人たちのチャットをサポートする絵文字ベースのチャットアプリを開発

Samsung のイタリア法人が言語障害を持つスマートフォンユーザーのために絵文字ベースのチャットアプリ「Samsung Wemogee」を開発していることを明らかにしました。Wemogee は言語障害の一つである失言症を患っているユーザーが絵文字だけで簡単に他のユーザーとコミュニケーションをとれるようにすることを目指して開発が進められています。アプリには言葉の意味を表現する絵文字のセットが収録されており、テキストと絵文字を翻訳する機能もあります。たとえば、「元気?」はスマイルの顔、「ok」は手などです。また、アプリにはビジュアルモードとテキストモードの 2 通りの操作モードがあり、好きなモードを利用しても会話することができます。ビジュアルモードの場合、ユーザーは絵文字のメッセージを送信し、受信者がビジュアルモードの場合は絵文字の並びで表示され、テキストモードの場合はテキストに翻訳したメッセージが表示されます。アプリは近くリリースされる予定で、Google Play ストアと Galaxy Apps で配信されます。Source : Ars Technica

■関連記事
GoogleブランドのBluetoothヘッドホン「GID5B」がFCCの認証を取得、外観写真も公開
ファミレスチェーン「ジョイフル」がポケモンGoのポケストップ・ジム化
Samsung、組み立て工場で実施しているGalaxy S8 / S8+のバッテリー安全確認テストの映像を公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。