ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SHISHAMO、失恋から立ち直れない高校生にアドバイス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

SHISHAMO、失恋から立ち直れない高校生にアドバイス
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(火曜担当ナビゲーター:SHISHAMO)。SHISHAMOは現在、ワンマンツアーの真っ最中で、22日に札幌の「わくわくホリデーホール」での公演を終えたばかり。ということで、4月24日のオンエアでは、限定企画「SHISHAMOのご当地調査<札幌編>」の模様をお届けしました。これは、ライブに遊びに来てくれた皆さんの相談に乗るというものですが、今回は3組のお客さんの相談に乗りました。

まずは、学校のジャージを履いて、上にSHISHAMOの赤いジャージを着た高校2年生の女子4人組が登場。バンドを組んでいて、SHISHAMOのカバーをしているそうですが、その中からバンドリーダーの悩みを聞きました。

「ベースをやっているんですが、SHISHAMOの『恋する』で、一人だけ合わなくてドラムに怒られるんですけど、どうしたらいいですか?」

この質問にベースの松岡は、「歌をきちんと聞いて、歌を基準にして合わせた方が良い」と具体的にアドバイスしていました。

続いて、友達と一緒に来ていた女子高校生からの相談。

「最近、失恋とまではいかないけど悲しいことがあって、ずっと立ち直れなくて、引きずってます。どうやったら立ち直れますか?」

この質問に宮崎は「立ち直れないです」と即答。「これは時間を待つしかないです。自分で忘れようと思って忘れるものじゃないと思う。ただ、この辛さが一生続くっていうわけでもないし、忘れられる日を待つしかないです。この状況を受け入れて、強く行きていこうよ!」とアドバイスしていました。

最後は、20歳の「付き合い始めて半年のカップル」が登場しました。見るからに仲の良さそうな二人を前にして、SHISHAMOの3人からは「キツイな〜」と思わず本音が(笑)。女性のほうが悩みがあるそうで…

「社会人1年生で、幼稚園の先生をしてるんですが、毎日初めてのことばかりでツライです…」

吉川は「早くも厳しい世界に投げ出されてるよ…」と同情。宮崎は「まだ始まったばかりだし、すぐに慣れる人なんていないし、全力の方が良いから、今はたくさん戸惑って勉強すると良いと思います。頑張りましょう!」と激励のメッセージを送っていました。

札幌のライブを終えたSHISHAMOの3人は、「人がアツい」「歓迎感がスゴかった!」「こっちも楽しくライブができて、終わる時は寂しかった」と感想を語っていました。

そしてライブといえば、福井県に住む30歳の男性から届いたメールも紹介。「某携帯電話のCMでSHISHAMOを知り、ミュージックビデオを見てハマりました。全国ツアーで福井に来ると聞いてライブに行きたいと思っているものの、同行者がいません。30歳の男が一人でライブに行ってもいいですか? ツアーのお客さんはどんな感じですか?」という内容でした。宮崎いわく、「学生が多いのは確かだけど、音楽が好きな年上の方や、家族連れの方も多くて、色々な人が音楽で好きになってくれるのは嬉しいので、気にしないで来てください」とのことなので、一人だからと悩んでいる人、一人で行っても楽しめそうですよ!

その他、「SPARK BOX」のコーナーでは、SHISHAMOの曲「こんな僕そんな君」をモチーフにした小説を紹介。吉川の朗読に、宮崎と松岡は苦笑いしつつも楽しんでいました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。