体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スヌーピーミュージアム開館1周年記念展へ潜入!絶対ゲットしたいおすすめグッズも紹介

スヌーピーミュージアム開館1周年記念展へ潜入!絶対ゲットしたいおすすめグッズも紹介 スヌーピーミュージアム

「ピーナッツ」の貴重な原画の展示やここでしか買えないグッズの販売、オリジナルメニューが魅力的なカフェなどが併設された「スヌーピーミュージアム」が2017年4月22日で1周年を迎えます。

そこで、特別な展示や限定グッズが販売されると聞き、プレスデーに潜入してきました!

さらにパワーアップした「スヌーピーミュージアム」の魅力をレポートします!

※普段は、ミュージアムにはスヌーピーはいません。

スヌーピーミュージアム「開館1周年記念展」

「ピーナッツ」のあの仲間のたちが勢揃いする、原画の特別展示が開催

プレスデーでは、本家シュルツ美術館のカレン館長とスヌーピーによるギャラリーツアーが開催。

ふたりの登場に会場も大興奮!カレン館長から今回の1周年記念の見どころや展示の見方のポイント、カレン館長の好きなキャラクラーなどの説明があり、楽しいひとときとなりました。

開館1周年記念展「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!—ともだちを紹介してよ、スヌーピー。」では、「ピーナッツ」に登場する70を超すキャラクターの中から、特に馴染み深いギャングをオールスターとしてピックアップ。

スヌーピーの飼い主でなにをやっても上手くいかないチャーリー・ブラウン、スヌーピーの親友である黄色い謎の鳥ウッドストック、怒ってばかりの「ガミガミ屋」ことルーシー、安心毛布を手離さない弟のライナスなど、さまざまなキャラクターの原画が展示されます。

計80点の貴重な原画や新作のオリジナル映像が、「ピーナッツ」の世界観を楽しませてくれます。カレン館長 カレン館長のお気に入りのキャラクター、ルーシーの前で見どころを説明。※普段は、ミュージアムにはスヌーピーはいません。スヌーピーミュージアム ギャラリーツアーではスヌーピーがギャラリー内を案内してくれました。※普段は、ミュージアムにはスヌーピーはいません。カレン館長にハグ シアターの前でのカレン館長にハグ!※普段は、ミュージアムにはスヌーピーはいません。ピーナッツ・ギャング大集合 「ピーナッツ原画」(部分)1990年1月27日 ピーナッツ・ギャング大集合 「ピーナッツ原画」(部分)1990年1月27日スヌーピーミュージアム

個性豊かなキャラクターや貴重な原画を見ることができる。

シアターではオリジナル映像が上映!

ギャラリーの終盤に特設されたシアターでは、スヌーピーが指揮する「ピーナッツ・ギャング」たちのオーケストラがベートーベンの第九(交響曲9番)を演奏するオリジナルアニメーションを上映。

来場者が観客席に座ると、演奏中のキャラクターが手を振ったり、おなじみのリアクションをしてくれる仕掛けがあり、キャラクターたちとのふれあいを楽しめます。スヌーピーのオーケストラ
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。