体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内外の旅人を魅了!絶景と温泉に浸る「雲上の楽園」へ【長野・富山】

みくりが池

木々が芽吹き始める春、これからの時期は旅のベストシーズン。今回は、国内外の旅人を魅了する、立山黒部と温泉に浸る「雲上の楽園」をご紹介します。

日本を代表する山岳ルート「立山黒部アルペンルート」。絶景が広がるこのルートでは、高山植物や5月から6月には雷鳥の姿も見ることができます。歩き疲れたら、標高2410mの高所にある温泉で絶景と湯に癒やされるひとときを…。さあ、雄大な自然を堪能する旅へ出かけましょう。

立山黒部アルペンルート【富山県立山町】

世界が憧れる絶景山岳ルート。

みくりが池

標高2450mの室堂平には、みくりが池など多彩な見どころが点在

長野県大町市の扇沢駅と富山県立山町の立山駅を結ぶ「立山黒部アルペンルート」。最大高低差1975mをトロリーバスやケーブルカー、ロープウェイなどでつなぐこの道は、日本を代表する山岳ルートだ。多くの旅人を魅了する美しい風景。その魅力を知りたくて、旅に出ることを決めた。8月上旬のみくりが池周辺

8月上旬のみくりが池周辺。6月~8月に見頃を迎えるチングルマやイワカガミなどの高山植物も魅力。5月~6月には雷鳥の姿も

早朝に扇沢駅を出発し、富山県側へと向かう。186mと日本一の高さを誇る「黒部ダム」から黒部湖や後立山連峰を一望する「大観峰」を経て、標高2450mの「室堂駅」へ。立山黒部アルペンルートの最高地点となるこの駅にたどり着くと、周囲には息を呑むような景色が広がっていた。立山連峰をはじめとする3000m級の山々と神秘的な青色を湛えたみくりが池の水面、山肌を覆う緑と残雪、そしてチングルマやタテヤマリンドウなどの高山植物たちの可憐な姿……。

雲上の楽園にたどり着いた喜びが、静かにこみ上げる。トロリーバス トロリーバスやケーブルカー、ロープウェイを乗り継いでゆくロープウェイ

黒部平と大観峰を結ぶロープウェイは山々と花を望む特等席

室堂駅を起点にみくりが池周辺を1時間ほど散策し、「みくりが池温泉」で日帰り入浴。熱々の湯に満たされた湯船で手足を伸ばすと、窓の外には北アルプスの山々が織り成す雄大なパノラマが広がっていた。

長野県大町市と富山県立山町をトロリーバスやケーブルカー、ロープウェイなど6つの乗り物で結ぶ山岳ルート。全線開通する4月中旬~11月には、北アルプスの山々が織り成すパノラマを目指し、国内外の観光客や登山愛好家が訪れる。 立山黒部アルペンルート

TEL/076-432-2819

住所/富山県中新川郡立山町

営業時間/各乗り物の運行時間により異なる

定休日/12月~4月上旬

アクセス/扇沢駅~立山駅(片道)8290円

「立山黒部アルペンルート」の詳細はこちら

黒部ダムレストハウス【富山県立山町】

黒部ダムを眺めながらひと休み。

黒部ダム
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。