ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ドローンで環境保護!熱帯雨林のモニタリングソリューション「SustainaDrone Solutions」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
消失しつつあるアマゾン熱帯雨林中南米、東南アジア、中部アフリカなど、温暖で雨量の多い地域で形成される熱帯雨林は、豊かな生物多様性を有し、大気中に多くの酸素を供給してきた。

しかしながら、20世紀以降、農地の開発や伐採などによって森林破壊がすすみ、南米アマゾン川流域に広がるアマゾン熱帯雨林では、過去50年間で約17%が消失したという。

・熱帯雨林の現状を可視化するドローンソリューション

アマゾン熱帯雨林の空撮画像米ニューヨークで2015年に創設されたスタートアップ企業「Greenpoint Innovations」は、熱帯雨林の保全に取り組む企業や政府機関、NGO(非政府組織)に向けて、ドローンを活用した熱帯雨林のモニタリングソリューション「SustainaDrone Solutions」を開発した。

このソリューションは、ドローンで熱帯雨林を撮影し、上空からの現状を可視化することで、土地利用の計画策定や土地管理の改善、違法な伐採や開発に対する監視などに役立てるというもの。

また、空撮動画を活用し、熱帯雨林の現状をレポートしたり、その保護を訴えるメッセージを発信する動画コンテンツの製作も請け負っている。

・環境保護や社会的課題の解決にドローンが活躍!?

「SustainaDrone Solutions」のほか、ドローンを活用した植林ソリューション「DroneSeed」や地雷除去専用ドローン「Mine Kafon Drone」などの事例をかぎり、環境保護や社会的課題に対するソリューションとして、ドローンの活躍の場がますます広がりつつあるといえそうだ。

Greenpoint Innovations

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。