ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Huawei、2017年Q1の中国スマートフォン市場でOPPOからトップを奪還

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Canalys が 4 月 25 日に公開した 2017 年 Q1 の中国におけるスマートフォン 出荷台数の調査結果によると、過去 2 四半期は 2 位に甘んじていた Huawei が同四半期で OPPO を抜きトップに返り咲きました。詳細な調査データは一般には公開されていませんが、同社によると、OPPO は前年同期比 55% 増となる 2,000 万台弱と着実に出荷台数を増やしたものの、Huawei には及びませんでした。それほど Huawei スマートフォンの人気が高かったことになります。Huawei は 2017 年 Q1 に中国で約 2,100 万台のスマートフォンを販売。市場シェアは 18% とされています。また、3 位は BBK(Vivo)で同四半期は約 1,700 万台を出荷しましたが、上位 3 社のうち成長率は最も悪かったとされています。Canalys のアナリスト Lucio Chen 氏は同四半期の中国スマートフォン市場について、出荷は前年同期比 9% 以上も増加し(約 1 億 1,400 万台)、中国のスマートフォン市場は引き続き成長しているものの、上位 3 社の出荷台数が今回初めて全体の 50% を突破したことを理由に、市場が特定の数企業に牛耳られる傾向が強まっていることを危惧しています。Source : Canalys

■関連記事
富士通、「らくらくスマートフォン 4」と「arrows Tab F-04H」向けの写真転送アプリ「らくらく写真転送」と「らくらく写真転送 for arrows」をリリース
Linux CLI Launcher : Androidをコマンドラインインタフェース化するホームアプリ
YouTubeのダークモードを実現するFirefoxアドオン「Youtube Dark Mode」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。