体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドーピングにもなる!? にんにく注射の効果・副作用・料金について

ドーピングにもなる!? にんにく注射の効果・副作用・料金について
睡眠をよく取る、栄養を摂るなど、疲労回復のための手段はたくさんありますが、どれも面倒で、なかなかできない…なんて方も多いのでは?

そんなお悩みを抱えている方におすすめなのが、クリニックで手軽に受けられる「にんにく注射」です。

今回は、にんにく注射の効果や気になる料金、受ける際の注意点などを医師に解説していただきました。

にんにく注射とは

ドーピングにもなる!? にんにく注射の効果・副作用・料金について

名前の由来

ビタミン剤を混ぜた液を注射することで、にんにくの成分が入っているわけではなく、ビタミンB1を注射するとにんにくを嗅いだようなにおいがすることからこの名前がついています。

臭い

注射をしたから体や息がにんにく臭くなることはありません。

成分

クリニックによっては各種ビタミン(B2、B5,B6,B12、C)やプラセンタ成分を配合していることもあるようです。

にんにく注射による効果

ドーピングにもなる!? にんにく注射の効果・副作用・料金について
ビタミンB1は糖をエネルギーに変えるときに必要で、欠乏すると脚気という病気になります。

江戸時代以降の日本では玄米を精米し米ぬかを取り除いた白米を食べるようになって脚気が流行し多数の死者を出しました。1910年、日本人の鈴木梅太郎が米ぬかからビタミンB1を抽出しました。ビタミンB1は日本人にとってなじみの深い栄養素なのです。

食糧事情が豊かになり脚気は減少しましたが、ジャンクフードしか食べない若者や、小食の高齢者、アルコール依存症で食事を摂らない人などを中心に最近また増加しています。

ビタミンB1の注射(にんにく注射)は、脚気の他、以下のような症状の改善を期待して行われます。

■ だるい、元気がない、疲れやすい
■ 食欲がない、夏バテ、二日酔い
■ 脂肪がつきやすい
■ イライラする
■ 冷え性
■ 筋肉痛、神経痛
■ 便秘
■ 肌荒れ、口内炎
■ 風邪をひきやすい

病院でにんにく注射を受ける際の流れ

ドーピングにもなる!? にんにく注射の効果・副作用・料金について

受診科目

にんにく注射は保険適応ではなく、自由診療となります。

内科、婦人科、美容クリニックを中心に、どのような科でも取り扱っている可能性がありますが、注射を受けられるかどうかは施設によります。

取り扱いがあるか、必ず事前に確認してください。また、呼び名についても、にんにく注射という呼び方をしているとは限りません。

注射・点滴の方法

疲れなどの症状があり、にんにく注射の適応があると判断されたら、肘の内側にある静脈から20mlほどの注射を受けます。

クリニックによっては他の成分も混合した点滴(20mlより量が多く、30分以上時間をかけながら投与する)を行うこともあります。

料金

自由診療のため費用はクリニックごとに異なりますが、1回3,000円〜1万円程度のようです。

にんにく注射を打つペース

クリニックによっては3日に1回程度の注射を推奨しています。

にんにく注射による副作用

ドーピングにもなる!? にんにく注射の効果・副作用・料金について
ビタミンB1は水に溶けるビタミンで、過剰な分は尿に溶けて出ていきます。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。