体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セルフでも簡単オシャレ!ネイルポリッシュで描くカラフルポップなレオパードネイル

セルフでも簡単オシャレ!ネイルポリッシュで描くカラフルポップなレオパードネイル

春のレオパードは”カラフルに”がオシャレ!

セルフでも簡単オシャレ!ネイルポリッシュで描くカラフルポップなレオパードネイル

今回はネイルカラー(カラーポリッシュ)を使い、ポップな色遣いの『カラフル・レオパード』をご紹介します。しかもこのデザインは、ボトルのキャップに付いたハケで描ける「ポリッシュアート」のニューバージョンでもあります。

カラーポリッシュの良さを活かしたデザイン

カラーポリッシュの良さを活かしたデザイン

ネイルでも定番のデザインなったヒョウ柄ですが、柄の大きさや斑点の形など、よく見ると色々なパターンを見かけますよね。
ポリッシュのハケの良さを活用して描けるのは、「ラフで大胆な大柄のレオパード」です。

ポリッシュならではの発色の良さをアピールできるよう、あえて反対色同士を合わせ、ポップでカラフルに仕上げました。存在感があるので1本あるだけでグッとオシャレに見える、ポイントアートにぴったりのデザインです。

描き方のポイントはホワイトを効かせること!

描き方のポイントはホワイトを効かせること!

描き方はとても簡単。
ベースカラーを塗った後、楕円形をイメージしながらホワイトを入れ、その上からポイントカラーで強弱を付けながら途切れた楕円を重ねるだけ!
ハケを使った色のかすれる感じがヒョウの毛並のようにも見えるオシャレなアートです。

今回はビビッドピンク×パステルブルーと、パステルグリーン×ビビッドピンクの2通りのカラーバリエーションで描いてみましたが、今回のカラフル・レオパードの最大のポイントは間にホワイトを入れること!
反対色を使うので、ホワイトなしだとコントラストが強すぎて、色がくすんで見えてしまいます。
クッションとして間にホワイトを挟み、チラ見せすることで、発色の良さやカラフルさが際立ち、春夏ネイルらしい爽やかさも出すことができます。

筆やパーツなどの他の道具は一切使わずに、ネイルカラーのみで仕上げているので、どなたでも簡単に挑戦できるアートですよ。
ぜひ挑戦してみてくださいね!

Cool NAILS make you smile‼︎ ☻

ネイルアーティスト/SAYOKO

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会