体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラマ『今夜もLL』エピソード1、パクドル&岡本玲のインタビューを公開

実際に開催されたリアルなライヴ映像とそのアーティストが主人公であるドラマが同時進行するという新感覚テレビドラマ『今夜もLL(LIVE&LOVE)』(TOKYO MXで毎週水曜日にオンエア中!)。そのエピソード(1) 「私の頭の中のパクドル」のメインキャストであるパクドルwithアルスマグナ、そして岡本玲にインタビューを実施した。
ドラマ『今夜もLL』エピソード1、パクドル&岡本玲のインタビューを公開 (okmusic UP's)

パクドルwithアルスマグナ インタビュー
パクドルが演じるのはドSでイケメンなキャラ。漫画の中の恋愛ばかり妄想する日々を送っている、彼氏いない歴25年の冴えないOL・玲奈を振り回しながら、秘めた魅力を引き出していく。そんな役を演じたパクドルは“普段でもこんなドSの僕もいいかなって思えるようになった”とまんざらじゃないようだ。

ーーこのドラマのコンセプトを聞かされた時、どんな印象を持ちましたか?

「新しいエンターテイメントのコンテンツだと思ったよ。もちろん面白いと思ったし。そして、そのアーティストがお芝居をすることでステージに立ってる時のアーティストの姿とはまた違う姿が観れるから、より面白いんじゃないかなって思ったよ。僕はライヴでもあまり話さないからかなり貴重なことだと思うし、僕のライヴってかなり面白いからね。それがテレビでも観られるなんて、みんなラッキーだね」

ーーそのドラマのメインキャストと聞いた時はどう思いましたか? 

「とても嬉しく思ったよ。パクドルにビックバンが起きたね。ただ、演技はやったことなかったからプレッシャーはあったね。だから、僕の友達の俳優に相談したり、いろんな映画やドラマの作品を何個も観て、こんなことしたい、こんな雰囲気出したいとか勉強したよ」

ーー台本を読んだ時の感想は?

「胸がはち切れるくらいすごく面白かった。台詞の言い回し方や言葉の遊び方もよくて、まずタイトルから僕の心は引き込まれたよ。必ず素敵な花が咲く作品になるって思ったね。ストーリーも分かりやすくて韓国ドラマのような感じがしたし、僕のキャラクターもすぐ想像できたからどうやってこの作品のパクドルを表現しようか自分で笑いながら役を作っていったよ」

ーードSキャラは演じてみていかがでしたか? 

「普段の僕はそこまでドSキャラじゃないから練習してても最初は慣れなかったよ。けど、やってくうちにドSの僕の姿が見えてきた。だから、撮影本番のときにはドSの僕で挑めたと思うよ。そして、それから普段でもこんなドSの僕もいいかなって思えるようになったよ。今度ドSな曲でも作ろうかな」

ーー役を演じる時に意識したことを教えてください。

「ドSって氷のような気持ちで口を悪くして強気で言うというより、一方的な想いや強い自信が常にあって、その中に相手へのやさしさがあると思うんだ。だから、素直な自分の気持ちや思いを言葉にして、表情や態度に出そうと意識したよ」

ーー演じていてどんなことが大変でしたか?

「使い慣れていない言葉だね。日本語を上手く話すのも大変だったけど、“バカ”とか“○○するんじゃねぇ”とか普段言わない言葉をどう気持ちと上手くリンクさせるかが大変だったよ」

ーーヒロインの玲奈のような自分に自信が持てずにいる女性をどう思いますか?

「自分に自信を持てずにいる女性は正直残念だね。瓶に手紙を入れて海に投げたけど、誰にも受け取ってもらえないでずっと海を彷徨ってる感じだね。それに、男性からするとやっぱり女性は女性らしくいてもらいたいし、いつもきれいにいてもらいたいし、一番は自分らしくいてもらいたい。これは女性だけではなく、男性であっても同じだと思うよ。自分らしさを忘れないで、自分に自信を持って自分の魅力を自ら生み出してほしい。誰かに手に取ってもらえる人になってもらいたいね」

ーーヒロイン役の岡本玲さんとの共演はいかかでしたか?

「すごく嬉しかった。岡本玲さんはお芝居も上手くて人形さんみたいに何でも似合う素敵な女優だと共演して感じたよ。今回の作品も僕のお芝居も岡本玲さんに引っ張ってもらったから、こんなにいい作品になったと思う。だから、すごく感謝しているよ」

ーーどんなシーンが一番印象的でしたか? 

「ベッドの上での床ドンしたシーンだね。岡本玲さんとの初めて撮ったシーンがこのシーンだったからすごく緊張していたし、それで床ドンをするから余計に緊張したよ。監督からもっと時間を使ってもっと近くまで顔を寄せてほしいと言われてやった時は、正直言って自分の心臓の鼓動が聞こえたよ」

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。