ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

スガ シカオ、今夏放送のWOWOW連続ドラマ「プラージュ」で俳優初挑戦

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
スガ シカオ、今夏放送のWOWOW連続ドラマ「プラージュ」で俳優初挑戦

本日4月26日、映像作品「LIVE FILMS 2015-2016 -20th Anniversary LIMITED EDITION-」と、書籍『愛と幻想のレスポール』を同時発売したスガ シカオが、WOWOWプライムで今夏放送されるドラマ「連続ドラマW プラージュ」に出演することが発表された。

ドラマの舞台は、さまざまな過去を背負い居場所を失った厄介者たちが何かに引き寄せられたかのように集まるシェアハウス「プラージュ」。笑顔と賑やかな音楽の裏で色々な哀しみや痛みが交錯していく。

主演は星野源、原作は「ストロベリーナイト」などで知られる作家・誉田哲也。人は定められた刑期を終えればかつてと同じように生きていけるのか、それとも社会の片隅でひっそり暮らすしかないのか。観る者に真の償いと赦しの意味を優しく問いかける、涙とユーモアにあふれたエンターテインメントミステリーとなっている。

スガがその中で演じるのは、殺人罪で服役しながらも再審請求をした「友樹」。頬から首筋に痛々しい火傷痕があり、何か暗い闇を抱えている。その「友樹」を、今年デビュー20周年で俳優初挑戦する。

そして、ドラマのキービジュアルも公開された。会社員から「前科者」に転落した貴生(星野源)、「訳あり」たちを受け入れる心優しきプラージュオーナーの潤子(石田ゆり子)、貴生同様に様々な過去や罪を背負う美羽(仲里依紗)、彰(眞島秀和)、紫織(中村ゆり)、通彦(渋川清彦)、友樹(スガ シカオ)。「前科者」=社会のレールから外れた者たちの様々な過去と現在を通して、人間の「再生」と「更生」、真の償いと赦しの意味を優しく問いかける物語に、7名の豪華実力派俳優が集結した。

スガ シカオ(加藤友樹役)インタビュー
Q:ドラマ初出演で、「連続ドラマW プラージュ〜訳ありばかりのシェアハウス〜」に出演をしてみようと思ったきっかけや理由をお聞かせください。
A:ドラマ出演のオファーは今まで全部お断りしていましたが、今年デビュー20周年を迎えて、みんながビックリするようなことをやってみたいと思いました。源ちゃんとゆり子さんがよく知っているおふたりだったので、気楽にお話を受けようかと考えたのが最初です。

Q:スガ シカオさんが演じる「加藤友樹」は、どのような人物でしょうか。
A:無感情で全て諦めているような感じで、あんまり積極的な発言が無いキャラクターです。だから、演じる上ではすごく難しい印象がありました。「ワァー」って攻撃的に喋っていく役だったら、とりあえずやり尽くせばいい感じだと思っていましたが、ほとんど会話がないので、逆に難しく思いました。

Q:視聴者に向けてのメッセージをひと言!
A:今回のドラマは扱う題材も、いわゆる民放でやっているドラマとは全く違って面白いと思いますし、本当に細かいところまで作り込まれているので、是非見て欲しいと思います。

番組情報
「連続ドラマW プラージュ〜訳ありばかりのシェアハウス〜」
放送日時:今夏スタート/毎週土曜 22:00(全5話予定)※第1話無料放送
番組ページ:http://www.wowow.co.jp/dramaw/plage/
<スタッフ / キャスト>
原作:誉田哲也(「プラージュ」幻冬舎刊)
監督:吉田康弘(映画『キトキト!』、『バースデーカード』)
脚本:大浦光太、吉田康弘
出演:星野源、仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、渋川清彦、スガ シカオ、石田ゆり子

関連リンク

■スガ シカオ オフィシャルサイトhttp://www.sugashikao.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。