体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初キャンピングカーはレンタルで楽しむ!~体験レポート~【後編】

▲いよいよキャンプ場に到着。気分はさらに高まってまいります。(左からクレソン、アミティ、フォックスDi)

▲いよいよキャンプ場に到着。気分はさらに高まってまいります。(左奥からクレソン、アミティ、フォックスDi)

キャンプ場に到着! 受付と設営をしよう!

本日キャンプさせていただく「フォンテーヌの森」に到着しました。受付、寝具、バーベキュー用品のレンタルを済ませて、決められた区画に車を移動させます。

また、車を止める場所には注意が必要です。微妙に傾斜しているところに止めてしまうと車が傾き、同時にベッドも傾いてしまいます。いろいろと荷物を降ろした後では車も動かしづらくなりますので、車の位置を決めたら最初に水平になっているか寝心地を確認します。

▲事前にしっかりと車両の操作説明を受けたので、あまり迷うことなく準備することができました。クレソンには、サイドオーニングと呼ばれる引き出し式の屋根が付いているので、引き出しておくと日よけ、雨よけになります

▲事前にしっかりと車両の操作説明を受けたので、あまり迷うことなく準備することができました。クレソンには、サイドオーニングと呼ばれる引き出し式の屋根が付いているので、引き出しておくと日よけ、雨よけになります

▲先にアミティのベッドをセッティング。テーブルを外し、座席をずらしてパタンパタンと倒していくと、簡単にベッドになります

▲先にアミティのベッドをセッティング。テーブルを外し、座席をずらしてパタンパタンと倒していくと……

▲簡単に大人2人用のベッドが完成します

▲簡単に大人2人用のベッドが完成します

▲ハイエースベースのフォックスDiでしばし休憩。トラックベースのクレソン、アミティと比べ、運転席から後部座席が近いので、密なコミニュケーションがとれます。

▲ハイエースベースのフォックスDiでしばし休憩。トラックベースのクレソン、アミティと比べ、運転席から後部座席が近いので、密なコミニュケーションがとれます。

キャンピングカーに欠かせない「特有の設備」

前編で触れたある設備、それは「外部電源」です。

何のことかというと、キャンピングカーは、冷蔵庫やヒーター、照明、電化製品が使えるコンセントなど、様々な場面で電力を消費します。とてもエンジンによる発電だけでは補えません。

そこで登場するのが外部電源です。その名のとおり、外部から電気を取り入れ消費する電力を補うことができます。 これがあることで、使いすぎによるバッテリー上がりの心配はなくなるわけです。キャンプ場により電源が付いている区画の数は異なりますので事前に確認が必要です。

▲こちらはクレソンの外部電源口。車種によりこちらの口が、後ろや右側に付いていたりするので要確認

▲こちらはクレソンの外部電源口。車種によりこちらの口が、後ろや右側に付いていたりするので要確認

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。