体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1泊2日の大阪旅!人気の海遊館&道頓堀と“日本一の◯◯”制覇ルート♪

1泊2日の大阪旅!人気の海遊館&道頓堀と“日本一の◯◯”制覇ルート♪ 大阪一泊二日

大阪観光って1泊2日でどれくらい制覇できるのか?

人気の海遊館や道頓堀をまわって、串かつやお好み焼きを堪能して、最後はお土産を買うところまで!

さらに、3つの“日本一の◯◯”スポットめぐりなど、

土産話もインスタ映えもしちゃう、てんこ盛りなプランをお届けします♪

<てんこ盛り観光プランの注目ポイント>

【世界最大級 1つ目】世界最大級の水族館

【世界最大級 2つ目】直径100mの世界最大級の観覧車

【日本一の◯◯ 1つ目】日本一低い山

【日本一の◯◯ 2つ目】日本一の高さのビル

【日本一の◯◯ 3つ目】日本一の長さといわれる商店街

※紹介施設情報や口コミはじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

早速、1日目スタート!

今日の目玉は、海遊館と道頓堀を制覇すること!

この2つのスポットって、じつは40分以内で移動できちゃう距離にあります。

そこで今回は、海遊館の近くで気になる“日本一の◯◯”その1&“世界最大級の◯◯”を見たり、海辺ならではのマリンリゾートをどっぷり満喫して、夕方から道頓堀へ繰り出す作戦で行ってみたいと思います。

さっそくスタート!

1日目:10:00

海遊館

海遊館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27107cc3320040646/photo/

太平洋を取り囲む自然環境を再現した世界最大級の水族館。飼育展示されている生き物の数は620種、30,000点にのぼる。同館で1番の人気者・ジンベエザメなどが悠々と泳ぐ巨大な水槽「太平洋」をはじめ、熱帯魚が泳ぐトンネル型の水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」、ペンギンたちのいる「南極大陸」など、趣向さまざまな水槽が魅力。海遊館の建物全体で『環太平洋生命帯』を表現しているといい、見学者はいったん8階まで上がった後、スロープを下りながら、10の地域に生きるさまざまな魚たちや海の表情を間近に見ることができる。2013年3月に増設した「新・体感エリア」人気。再入館手続きをすれば、当日なら何度でも入館可能。夜5時以降に入場すれば、魚たちの夜の生態も垣間見える。

\口コミ ピックアップ/

ジンベエザメに圧倒されました。お魚さん達も水槽の中を気持ちよさそうに泳いでいる姿に見とれました。触れ合える体験スペースもできていて、沢山の人で賑わっていました。

(行った時期:2016年12月) 海遊館

住所/大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

「海遊館」の詳細はこちら

じっくり見て回ったらそろそろおなかも空いてくるころ……ということで、

徒歩すぐのランチスポットをチョイス!

1日目:12:00

なにわ食いしんぼ横丁

なにわ横丁

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000173707/photo/

昭和40年前後の大阪の街並を再現し、関西の老舗と名物をメインに、食文化を代表する有名店約20軒が勢揃い。8の字型の回遊路に沿って昔懐かしの実演販売や飲食店、物販店が並ぶ。

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。