体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットの話を深掘り!会津が生んだ名品「デブが踏んでも壊れない」ティッシュ箱

ネットの話を深掘り!会津が生んだ名品「デブが踏んでも壊れない」ティッシュ箱

 「デブが踏んでも壊れない(ニッコリ)なティッシュボックスですよ。私は90キロ以上ありますがつぶれませんでしたから。」

 こう笑いながら話すのは、福島県会津若松市で紙器業を営む『桐屋紙器』の9代目当主・諏佐淳一郎さん。諏佐さん自ら冗談めかして投稿した内容が、たまたま筆者のSNSタイムラインに流れてきました。見ると「デブが踏んでも壊れない」というイメージとは大分異なり、凜とした美しさの光る繊細なティッシュボックス。

【すべての画像や動画はこちら】

 キャッチフレーズとその美しさがあまりにミスマッチに感じ……でも、諏佐さんの言葉が何となく面白くもあり。さらに言えば仕事柄色んなところにアンテナを張っていますが、「デブが踏んでも壊れない」なんてパンチが効いたキャッチフレーズのティッシュボックスならこれまで話題になっていてもおかしくないのに、全く聞いたことがないのもあり気になって仕方なくなりました。一体このティッシュボックスは何なのか?今回はこの話を深掘りしてみました。

■「デブが踏んでも壊れない」なティッシュボックスができるまで

 諏佐さんの話によると『桐屋』は「おそらく福島県では一番古く、東北でも1、2番」の老舗紙器専門店になるそうです。冒頭でも紹介していますが、諏佐さんはその9代目。

 桐屋はもともと菓子箱や会津漆器の入る紙箱をメインにてがけていたそうですが、平成に入ってからの不況の影響から、取引先の倒産や縮小が相次ぎ売り上げは激減する一方だったそうです。物が売れなければ当然箱も売れないということで、そんな中どうしたらいいか悩んでいたところ思いついたのが「(入れる)物がないならば作ってしまえば良いじゃない!」という発想。

 しかし、桐屋は箱屋。箱屋ならではのものと思案したところ最初にでてきたのが「ティッシュボックス」だったそうです。早速ティッシュボックスを生産し、和紙をはり売ってみると人からは「綺麗」「かわいい」と評価されるものの売れ行きはさっぱり。

 「何がいけないんだろう?」と悩んでいた頃、あるお客さんからこういうわれたそうです。「会津は和紙の産地じゃないよね?とても綺麗だけど私の街でも買えるかもしれない……」。そう、折角つくったにも関わらず“個性”を忘れていたのです。

 そこでさらに思いついたのが「会津木綿を使ったらどうだろう?」というアイデア。しかし、布は紙を貼るのとは訳が違い、しわしわになりノリがしみ出してしまうそうです。ところがその難易度の高い張り方をクリアする人物が実は身近にいました。当時現役だった先代8代目であり、諏佐さんのお父さんがその方法を知っていたそうです。

 その後は親子二人三脚で新商品を開発。箱屋ならではの技術で耐久性を高めより頑丈に、そして9代受け継いだ技術と8代目の職人技を生かして会津木綿を美しく貼り付けた『会津木綿ティッシュボックス』が完成したのです。

 しかし当時はまだ8代目の時代。一緒につくったものの先代のこだわりから扱う商品は「あくまでも主力は漆器問屋さんなどからの注文の箱」。対し次世代を担う9代目にとっては「減る一方の売り上げが気になる……」という目の前の現実が重要でした。何度も重ねられる話し合い。折り合いがつかず8代目と9代目でケンカになることもしばしばだったとか。

 そんな中訪れたのが、2011年3月11日。
「あの東日本大震災が起き、福島は「原発」というおまけもついてしまい、売り上げはまるでフォークボールのようにストンと落ちました。」当時を振り返りこう話す諏佐さん。

 その後はどうしていいか分からないまま時がながれ、8代目は持病であった糖尿が原因であろう腎不全をおこし2013年2月に亡くなりました。

■親子二人三脚で完成させた「会津木綿を使った商品」柱に

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。