体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OnePlusスマートフォンの「ディープクリア」機能を使うとアプリのバックグラウドプロセスを停止できる

OnePlus のスマートフォンは Android 7.0 Nougat へのアップデートの際にアプリ履歴画面の消去ボタンでアプリのバックグラウンドプロセスを停止する機能が追加されました。この機能を利用すると、性能劣化の防止とバッテリー消費の削減を期待できます。OnePlus スマートフォンにおけるデフォルトの動作モードは「ノーマルクリア」に設定されており、この場合はアプリのリストとキャッシュのみを消去して、バックグラウンドプロセスは停止しませんが、これを「ディープクリア」に切り替えると、アプリのバックグラウンドプロセスも停止します。最適化アプリで見られる「ブースト機能」のようなものです。これは、OnePlus スマートフォンの設定メニューで「Advanced」→「Recent app management」で有効にできます。ディープクリアの場合、アプリ履歴のクリアを行うとバックグラウンドプロセスが確保していたメモリも解放されるので節電やパフォーマンスの向上につながりますが、アプリによっては通知を受信しなくなるなどの弊害が起こり得るのでご注意ください。

■関連記事
ソフトバンクユーザーは6月1日からYahoo! プレミアムの全特典が使い放題に
Y!mobile、Android One S1のAndroid 7.1.1アップデートを開始
Googleマップの駐車場保存機能が全ユーザーで利用可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。