体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

写真が生き生きと動き出したら、家族が喜んでくれました。AR小型プリンタ「Lifeprint」

大切な家族や気の置けない友人との旅行、最愛のお子さんの成長記録。こういったかけがえのない思い出を写真に残すとき、データ保存だけでなく現像してアルバムを作成する機会もあると思います。もし、その特別な時間を切り取った写真がまるで命を吹き込まれたように動き出すとしたら、ますます素敵だと思いませんか?

そんなファンタジーを現実に起こしてくれるのが「Lifeprint」です。

「Lifeprint」とは?

「Lifeprint(ライフプリント)」は、「Hyperphoto™(ハイパーフォト)」と呼ばれる、AR写真をプリントできる世界初のポータブルフォトプリンターです。専用のフォトペーパーとプリンターを使用し、無料のアプリで覗くと、まるで魔法にかけられたように写真が動き出すんです。

こ、この写真、動くぞ! 普通の写真が専用アプリをかざすだけで喋ったり動き出すなんてまさに未来、まさに魔法のようです。

・・・・・・この魔法、使いたい。魔法使いになりたいです!

ということで本体をお借りしてきました。

「Lifeprint」本体価格は17,400円 (税別)

本体サイズは127×76×25㎜、重さ200gです。コンパクトかつ軽量なので、持ち運びも楽々ですね。旅行先や宴会の席に持って行って、その場で作成するのも盛り上がりそうです。

こちらは、専用のフォトペーパー。

フォトペーパーは30枚で2,700円 (税別)

フォトペーパーのサイズは50×76㎜です。このフォトペーパーはインクを使用しない「ZINK Zero Ink Printing」という技術を採用した専用紙なので、インク交換が不要です。さすがは魔法。さらにフォトペーパーはシール式なので、印刷後すぐ、どこにでも貼り付けることができます。

動くアルバムをつくってみました!

ではいよいよ元気モリモリ、やかましい盛りの甥っ子全面協力のもと「動く子ども成長アルバム」をつくっていきたいと思います!

■作成手順

①まず、スマホとLifeprint本体をBluetoothでペアリングします。
②専用アプリ内の「マイメディア」から、カメラロールやInstagram、Twitter、FacebookなどのSNS上にある写真・動画を確認できます。動画を選択し、「Hyperphotoをプリント」をタップします。
③「ビデオの選択範囲」という画面になるので、動画の長さを調整。

④「カバー写真」という画面に進むので、動画の中または別の写真からプリントしたいシーンを選びます。
⑤「トリミング」画面で、お好みの比率を選び、拡大・縮小してプリントしたい範囲を設定します。
⑥「フォトエディター」では動画に絵や文字を書いたりテキストを入れたり、画質を調整したりすることができます。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。