ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ネット通販詐欺を見分ける方法とその対応策とは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ネット通販詐欺を見分ける方法とその対応策とは

ネット通販での買い物が当たり前になった今、頻発するのがショッピング詐欺。ネット通販は商品を見ずに買い物をするだけでなく、ショップや店員を見ずに購入するだけにトラブルも多いのです。商品が届かないAmazonマケプレ詐欺や、悪質店舗胃の楽天市場詐欺を見分ける方法とその対応策を見ていきます。

ネット通販詐欺のリスクが高い出品者

「Amazonマーケットプレイス」は、誰でもAmazonに出品できるサービス。ほとんどは安全な出品者ですが、中には異常に低い評価や海外から発送の出品者がいます。ネット通販詐欺のリスクが高いので、避けた方が賢明でしょう。

ネット通販の大手サービスといえど油断は禁物です。ロープライス品の一覧を開くと、出品者の評価や発送元が分かります。購入前に必ず確認しましょう。海外発送や評価が低い場合は要検討です。

Amazonマーケットプレイスでネット通販詐欺に遭わないための対応策としては、Amazon配送の商品を選ぶこと。「AMAZON.CO.JP配送センターより発送されます」と記載されていれば、Amazonが配送してくれます。多少価格が高くても安心です。

ネット通販の偽装詐欺サイトも横行

「楽天市場」では、商品説明と異なるものが送られてくるトラブルが存在します。返品できれば単なるミスで済むのですが、まれに返品を拒否する詐欺業者もあるようです。詐欺商品はレビューで報告されていることもあります。購入前に確認するようにしましょう。

また、楽天の店舗を装ったネット通販の偽装詐欺サイトも横行しているため気を付けなければなりません。楽天市場のショップとそっくりなデザインで、ユーザーを騙す悪質なサイトは、ドメインを確認して回避します。

楽天市場でネット通販詐欺に遭わたないための対応策としては「詐欺サイトストッパー」など、詐欺サイトがまとめられているWebサイトを活用。楽天市場の偽装サイトも報告されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

迷惑メールのお金を受け取って系に返信してみる
匿名メールで正体を明かさずにメール送信する
USBに挿すだけでバックドアが作れるデバイス
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する
ネットストーカーの情報収集テクを知っておく

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。