体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台北から日帰りもOK。台湾の古都、台南で地元グルメ三昧!

ご存じ、台南は台北の古都。台北から新幹線なら1時間40分ほど。日程に余裕がある旅や、台湾への2度目、3度目の旅や、おいしいものを探求する旅なら、台北からの日帰りも可能な、台南で過ごす一日をおすすめします。

台湾の駅弁はクオリティが高い!

台湾の古都、台南で地元グルメ三昧!台北から日帰りもOK。
(c)Atsushi Ishiguro

台湾の新幹線は、日本の新幹線技術を採用しています。ですから、そのフォルムも内装も日本の新幹線そのもの。そして、駅弁文化も、古く日本統治時代にもたらされたとのこと。車窓の風景を楽しみながら、お弁当を食べる楽しみ。旅気分が盛り上がります。

台湾の古都、台南で地元グルメ三昧!台北から日帰りもOK。
(c)Atsushi Ishiguro

新幹線に乗ったらまずは駅弁。甘辛く味付けた大きな骨付き肉の排骨飯(パイコーハン)弁当が人気です。ボリュームのある豚肉に白身魚のフライ、煮たまごにブロッコリーと玉ねぎ。煮汁が染みたごはんの上に、ラフに乗せられています。このラフさがまたいい。しっかり腹ごしらえして、一日の旅の始まりです。

サバヒーという白身魚のお粥。優しくて元気になる!

台湾の古都、台南で地元グルメ三昧!台北から日帰りもOK。
(c)Atsushi Ishiguro

台南に着いて、朝のうちに食べたいのが、サバヒーという白身魚を使ったお粥です。焼いたサバヒーを入れて、塩で味を調えたシンプルなお粥。日本でなら、アジの干物で朝ごはんが定番ですが、まさに、それをほうふつとさせます。

台湾の古都、台南で地元グルメ三昧!台北から日帰りもOK。
(c)Atsushi Ishiguro

今回は、この阿堂咸粥で。サバヒーを焼くグリルがあって、炙りたてのサバヒーをほぐしてお粥に投入していきます。バイクで訪れて、テイクアウトする地元の人たちも多く、活気があります。

豚タンバーガー!キャベツの酢漬けが合う!!

台湾の古都、台南で地元グルメ三昧!台北から日帰りもOK。
(c)Atsushi Ishiguro

阿松割包は、割包(クワパオ)サンドのお店。そう、割包は台湾の蒸しパンです。このお店の一押しは豚タンバーガー。丁寧に煮込まれた豚タンは柔らかく、口の中でほろほろと崩れるようです。強い味付けではなく、ほんのり塩味。キャベツの酢漬けもあっさりとして、酸っぱすぎません。ふわっとした割包に挟まれてとってもマイルドな仕上がりでした。豚バラ肉の煮物を挟んだものもいただきました。よく煮込んであって意外にさっぱり! 店先でテイクアウトするお店で、こちらもバイクで乗り付ける地元の方がたくさんいました。

かき氷はシンプルに。

台湾の古都、台南で地元グルメ三昧!台北から日帰りもOK。
(c)Atsushi Ishiguro

観光名所「孔子廟」の隣にある甘味処にて、このかき氷。豆はほんのり甘く上にのった豆乳のプリン「豆花」がさわやか。気温が高い日の街歩き、ほどよい甘さで元気回復です。マンゴーや、季節の果物を楽しむゴージャスなかき氷もいいですが、こういった昔ながらのものは、なんだか懐かしくてほっこりします。

小腹がすいたら、チマキはどうでしょう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。