ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

31歳の青年と85歳の老人が織りなす、奇想天外なロードムービー!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
04262

『グッバイ、レーニン!』の監督&主演コンビが12年ぶりにタッグを組んだ、ヴォルフガング・ベッカー監督の最新作『僕とカミンスキーの旅』。

31歳の無名の美術評論家・ゼバスティアンは、金と名声ほしさに芸術家の伝記を書こうと思い立ち、スイスの山奥で隠遁生活を送る画家・カミンスキーを訪ねる。カミンスキーは、マティス最後の弟子でピカソの友人、そして60年代のニューヨークで“盲目の画家”として脚光を浴びた伝説的な人物。そんなカミンスキーの新事実を暴くため、ゼバスティアンは彼を自宅から誘い出し、若き日に愛した女性のもとへ連れて行こうとする。しかしトラブル続きの旅はいつしか奇妙な方角にねじれ、思いがけない終着点に向かっていく――。

他人の迷惑を顧みないエゴイストで、行き当たりばったりの青年と、美術史に名を刻んだカリスマであり、病弱な見た目からは想像もできないしたたかさで相手を振り回す老人。世代も境遇も異なる二人の旅の行方とは? 公開は、4月29日より。

僕とカミンスキーの旅
監督:ヴォルフガング・ベッカー
出演:ダニエル・ブリュール、イェスパー・クリステンセン、ドニ・ラヴァン、ジェラルディン・チャップリン、アミラ・カサール
(2015年/ドイツ・ベルギー)
4月29日(土)YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次ロードショー
©2015 X Filme Creative Pool GmbH / ED Productions Sprl / WDR / Arte / Potemkino / ARRI MEDIA
http://meandkaminski.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。