ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ポール・マッカートニー、日本武道館公演で満員のファンを魅了

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ポール・マッカートニー、日本武道館公演で満員のファンを魅了

ポール・マッカートニーの来日公演が、4月25日東京・日本武道館で行われた。

定刻の18:30を30分ほど過ぎた19:03に会場が暗転し、ポール・マッカートニーがベース・ギターを抱えてステージに登場。手を振って武道館を満杯に埋めた1万1千人のファンの歓声に応えた。

「A Hard Day’s Night」で幕を開け、「Jet」を演奏。「コンバンワ、ニッポン。コンバンワ、トウキョウ。コンバンワ、ブドウカーン」と日本語で挨拶し、拍手を浴びた。

ビートルズ、ウイングス、ソロの各楽曲を、ベース、エレキギター、アコースティックギター、ピアノ、キーボードと演奏楽器を次々に変えて披露した。

アコースティック・ギターで「We Can Work It Out」を聴かせた後、「ずっと昔の話。ビートルズがこの場所で演奏した。素晴らしいこと」と話し、続けて日本語で「ツギハ、ビートルズ、ハツレコーディング」と曲を紹介し、「In Spite Of All The Danger」を演奏。「ザ・ビートルズ」と日本語風に発音するのがお気に入りのようで、何度か「ザ・ビートルズ」と繰り返し、1962年に本国イギリスで発売されたファースト・シングルの「Love Me Do」を演奏。さらにアコースティック・ギター1本で「Blackbird」、「ジョンニササゲマス」と「Here Today」を続けて披露すると大喝采を浴び、コンサートのハイライトのひとつとなった。

「コノキョクハ、ニホンハツコウカイ」とサプライズで演奏したのは「I Wanna Be Your Man」。「彼氏になりたい」の日本題でも知られる同曲は、ポール・マッカートニーとジョン・レノンの2人がローリング・ストーンズに提供し、ストーンズの2枚目のシングルとして1963年に発表された曲である。1966年のビートルズの日本公演では、リンゴ・スターのヴォーカルで演奏されている。

「Being For The Benefit Of Mr. Kite!」を「サージェント・ペパーズ・アルバムからの曲です」と紹介し、今年リリースから50周年を迎え、5月26日に「50周年記念エディション」が発売されるロックの金字塔「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」にも言及した。

「Live And Let Die」ではステージ上の爆発、火炎放射器の熱が武道館のアリーナの後方まで届き、続く「Hey Jude」で本編終了。アンコールは「Yesterday」からの3曲で2時間に及ぶショーのフィナーレとなった。

ポールの来日公演は1990年、1993年、2002年、2013年、2015年に次いで今回が6度目。1966年のザ・ビートルズでの来日公演を加えると7回目の来日公演となる。4月27日、29日、30日には東京ドームで公演が行われる。4月29日の東京ドーム公演が、記念すべきポールの通算20回目の東京ドーム公演になる。

また1990年のソロ初来日公演時の最新アルバムであった「フラワーズ・イン・ザ・ダート」のデラックス・エディションも発売中。

撮影:堀田芳香

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。