体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スバル インプレッサスポーツをクローズアップ【後編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力に注目するカーセンサー(雑誌)での連載。今回はスバル インプレッサスポーツをクローズアップ!

▲荷室の容量の大きいインプレッサスポーツなら、大きな荷物でも楽に積み込める

▲荷室の容量の大きいインプレッサスポーツなら、大きな荷物でも楽に積み込める

Cセグハッチの王道はフォルクスワーゲン ゴルフ

スバル インプレッサスポーツはいわゆるCセグメントのハッチバックだ。略してCセグハッチ。このカテゴリーとして世界で最も認知され、また世界中の自動車メーカーが長年ベンチマークとしてきたのはフォルクスワーゲン ゴルフだ。常にベーシックカーのお手本であり続け、Cセグハッチのことを「ゴルフクラス」と呼んだりもするほど。日本市場でも、2016年にミニにその座を明け渡したものの、2015年まで30年近く輸入車販売台数ナンバー1の座にあった。この他、プジョー308、ボルボV40、BMW 1シリーズなど、多くのCセグハッチが日本に入ってきている。

国産車もかつてはゴルフに追いつけ追い越せとばかりにCセグハッチに様々なモデルをラインナップしたが、コンパクトモデルの人気カテゴリーがハイトワゴン、軽自動車、SUVなどへと変化し、ホンダ シビックや日産 パルサーやティーダなど、多くのモデルが販売中止となった。

現在、国産Cセグハッチの王者として君臨するのはトヨタ プリウスだ。エコブームを背景に万人から支持を集める。車台を共有するC-HRはどちらかというとSUVだが、使い勝手はハッチバックと変わらず、4WDもあるのでインプレッサスポーツと競合する。一番のライバルはマツダ アクセラスポーツだ。インプレッサ同様、走りの良さを重視する層は両車で迷うはず。

インプレッサスポーツを魅力的だと思った方へ、オススメの中古車はこちら

人気車のライバルはもちろん新車だけではない。中古車にまで視野を広げれば選択肢は無限大に広がる。とはいえ、膨大な車種の中から選ぶのは困難な作業だ。そこで、塩見さんと編集部員がオススメの中古車をセレクト。お得に手に入るこんなモデルはいかがだろうか(※中古車価格帯、モデル流通量はともに4月21日時点のカーセンサーを参照)

スバル レヴォーグ(現行型)

▲2014年6月デビューのレヴォーグ。インプレッサスポーツの上位モデルで、車体はレヴォーグの方が若干大きい

▲2014年6月デビューのレヴォーグ。インプレッサスポーツの上位モデルで、車体はレヴォーグの方が若干大きい

レヴォーグはインプレッサの上位モデルだが、1.6GTアイサイトは277万5600円で、インプレッサの最上級グレードの2.0i-Sアイサイトに比べわずか18万円高。中古車なら出たばかりのインプレッサよりも物件数が豊富かつ低価格から狙えるので、実質的に負担額はさほど変わらないはず。動力性能はターボエンジンのレヴォーグの方が上。当然荷室容量もワゴンのレヴォーグが上回る。実は身内に悩ましい選択肢があるのだ。(塩見)

【中古車価格帯】200万~380万円

【モデル流通量】約310台

フィアット 500X クロスプラス(現行型)

▲500X クロスプラスは輸入車の中でも数少ない4WD

▲500X クロスプラスは輸入車の中でも数少ない4WD

Cセグハッチを見回すと、日本車より輸入車の方が選択肢が豊富だが、4WDとなると途端に輸入車は分が悪くなる。フィアット 500XクロスプラスはカテゴリーとしてはSUVに片足を突っ込んでいるが、このクラスの現行モデルとしては貴重な輸入4WDだ。ジープが開発した4WDシステムだけにオンデマンドながら十分な悪路走破性が備わるはず。台数は多くないものの、中古車市場では300万円未満の物件もある。(塩見)

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。