ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジェームズ・ガン監督、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3弾は「シリーズ最後の作品になる」と明かす

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

4月19日の夜に行われた映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のプレミアにおいて、ジェームズ・ガン監督は3作目のビジョンを明かした。

数日前に、同シリーズの3作目を脚本兼監督として続投すると発表したガン監督は、「次回作も『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの物語を3部作として続けるものになる」とコメント。「大々的なものになるし、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が誰なのか、なぜ彼らが結びついたのかについて、壮大な結論にたどり着くことになる。皆さんに物語を伝えるのが待ちきれない」とも話した。

さらにガン監督は、この3作目が、スター・ロード(クリス・プラット)とはみ出し者のヒーローたちの最後の物語になることに触れ、「シリーズ最後の作品になる」と述べた。



暗殺者のガモーラ役を務めているゾーイ・サルダナは、3作目についてほとんど聞かされていないようだった。彼女はカーペット上のガンを指さし、指を交差させながら、「私が出演するかどうかも知らないの」とコメント。「彼にインタビューするとき、聞いてみて」と語った。



ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催された『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』のワールド・プレミアは、マーベルの話題に縛られないものだった。本誌Varietyは、マーベル製作の映画『アベンジャーズ』と映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を監督し、最近、DCが製作する映画『Batgirl(原題)』の監督を務めることが発表されたたジョス・ウェドンに、マントをまとったヒーロー役の候補について話を聞いた。

ウェドンは「まだ誰にも目星をつけてないよ」とコメント。「まだこのキャラクターを作り上げている最中。彼女と会話している段階だから。誰が演じるかは、やがて分かるさ」と語った。



ワールド・プレミアには、クリス・プラット、ヴィン・ディーゼル、デイヴ・バウティスタ、マイケル・ルーカー、カート・ラッセル、シルヴェスター・スタローン、カレン・ギラン、エリザベス・デビッキらも参加した。

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、5月4日に米劇場公開される。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。