ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

GWにオススメ! 無料で楽しめる野外ジャズイベント

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

GWにオススメ! 無料で楽しめる野外ジャズイベント
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。4月25日(火)のオンエアでは、ジャズの野外ライブイベント「JAZZ AUDITORIA 2017」を紹介しました。

会場は神田淡路町にある、複合施設ワテラスの特設野外ステージ。屋外でジャズの生演奏を楽しめるこのフリーイベントは、今年で5回目の開催となります。

会場であるワテラスに、ブルーノート東京が運営するcafe104.5がある縁もあり、イベントの企画もブルーノート東京が担当しています。開催は4月28日(金)から30日(日)の3日間。

イベントの最終日にあたる4月30日は、ユネスコ親善大使を務めるピアニスト、ハービー・ハンコックが、2012年から毎年この日を“インターナショナル・ジャズ・デイ”にすると発表し、それ以降、ジャズをより多くの人に楽しんでもらうイベントを世界中で開催しています。

「そのタイミングで、私たちも『JAZZ AUDITORIA』というイベントの中で、必ず“インターナショナル・ジャズ・デイ”を設けて、みなさんに音楽を楽しんでいただく企画を続けております」とお話しいただいたのは、ブルーノート東京「JAZZ AUDITORIA 2017」の広報担当者。

“インターナショナル・ジャズ・デイ”は、アメリカのジャズ機関Thelonious Monk Institute of Jazzと、ユネスコが共同で制定したジャズの記念日で、「十分な教育が行き届いていない国の子どもたちにジャズを伝えたい」という思いから、世界中のいろんな国でジャズイベントが開催される日なのです。

「JAZZ AUDITORIA」もその一つで、「子どもから大人まで誰でもジャズを楽しめる」というのがコンセプト。そのため会場では小さい子供のためにミニトレインが走っていたり、移動式子ども基地でけん玉など、昔の遊びも体験できるそうです。

ジャズというと少し敷居が高いイメージがありますが、このジャズイベントは入場無料なので、気軽に遊びにいく感覚で楽しめます。より近くで演奏を観たい人は、整理券を貰えばステージの近くで観ることができますし、そうでない人はキッチンカーも出ているので、食事をしながらジャズを楽しむこともできるそうです。

出演者はトランペッターのエリック・ミヤシロさん率いる「ブルーノート東京オールスタージャズオーケストラ」、ギタリストの渡辺香津美さん、ジャズシンガーのダイメ・アロセナ、小沼ようすけ&グレゴリー・プリヴァなど3日間で11組のアーティストにもなるそう。しかも、くどいようですがすべてフリーライブです!

ゴールデンウィークは天気が気持ちいい空の下で、家族や友人とジャズを楽しんでみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。