ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

理想の女子部屋をつくるには? インテリアコーディネーターに聞いてみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
132150_main

進学に就職、転勤などで、新生活をはじめる人が増えるこの季節。そんな新生活を応援したいと企画されたのかは分からないが、「【妄想】男が考える「理想の女子部屋」選手権」が話題になっていた。ネットでの反響から、理想部屋のつくり方まで、アレコレをまとめてみた。連載【ネットで話題の住まいトピック】

ネットニュースやTwitterなどで話題になった住まいに関するトピックを、時にゆるく、時に真面目に紹介します。

男性ライターが、妄想で女子部屋をつくってみたらこうなった

「キモ面白い」として、先日、話題を集めていた、オモコロの「【妄想】男が考える「理想の女子部屋」選手権」というネットの記事。男性ライター4人が理想の女性部屋を「実際につくってみた」という企画で、記事の末尾にはプロの女性インテリアコーディネーターが考える部屋も紹介されていて、笑いあり、お役立ちありというもの。その部屋の「ありそうでなさそう」「ムダに細かい住人の設定」などで、ネットではさまざまな反応が巻き起こっていた。

「妄想だけどこんな部屋の子いるいるっていうところがあって笑った」

「確かに友達の家とかである感じ。細部まで妄想力たくましすぎてわろた」

「笑った。この中では1の適度にだらしない感じが妙なリアリティあって好きだな。居心地よさそう。」

「部屋は性格が出るよね。好きな子の部屋に行きたい=デートではわからない生活の有様を垣間見たいなのは死ぬほどわかる。」

「自分の部屋を女子の部屋にすればいいんだ!そうすれば毎日女子の部屋にいる感覚になれる!天才!!!」

「うわー…なんて綺麗な部屋なんだ…圧倒的なる敗北感…私の部屋は魔境かな?」

「素人の男子の作った部屋が無駄に生活感ある部屋で笑った。」

広告などで目にするインテリアや、インテリアアプリなどで目にするおしゃれ部屋とはまた違う、絶妙な素人っぽさが好評なよう。あと、男性はかっちりキレイな部屋よりも、どこか生活感のある部屋にひかれているようだ。そのほか、「(妄想で部屋をつくる)この遊びやりたい」「実際はもっと汚い」「ライター陣の女性遍歴が透けて見える」などといったコメントも。また、今回の企画とは逆に、「女性が考えた理想の男性部屋も見たい」というリクエストもあった。

理想の女子部屋は、散らかっているけどスッキリ見える空間

そこで気になるのが、どうやったら「理想の女子部屋」に近づけることができるのか、ということ。一級建築士で、インテリアコーディネーターの資格ももつ、Yuuさんに聞いてみた。

「プロがつくり込んだモデルルームのような部屋は生活感がなく、くつろげないという声も多いんです。とはいえ、暮らしているとものがあふれてイライラするということになりがち。そこで、少々散らかっていてもそう見えない工夫をすると、ゆっくりくつろげる居心地のいい女子部屋がつくれますよ」とYuuさん。

具体的には、

(1)出しっぱなしでも絵になるアイテムを選ぶ

(2)色数を減らす

(3)アイテムのテイストをそろえる

(4)衝動買いの誘惑に負けない

のがコツだそう。

「部屋に置くものはトータルバランスを考えて、徹底的に吟味をする習慣をつけるだけでも、徐々にまとまりのある落ち着いた部屋に。新生活をはじめてみて、部屋がまとまらないという人は、じっくり部屋の中を見回して、色数がいくつあるか数えてみてください。カーテン、クッション、ソファ、スリッパ、家具、リモコン、本棚があれば本の背表紙……。数え切れないほどの色味があるはず。カゴにしまう、目隠しをするなどひと工夫で簡単に色数を減らせます」【画像1】散らかりがちな小物は、カゴなどに入れれば、色数を減らすことができ、ごちゃつきの解消にぴったり(写真提供/Yuu)

【画像1】散らかりがちな小物は、カゴなどに入れれば、色数を減らすことができ、ごちゃつきの解消にぴったり(写真提供/Yuu)

女子は、かわいい雑貨やアイテムに目がないもの。一人暮らしの楽しさから、ついつい衝動買いをしたくなってしまうもの。でもくつろぎ部屋づくりにはこの行動がNG、と覚えておこう。「部屋づくりのコツは、足し算ではなく引き算をすること。テイストに合わない物はどんどん外していく。本当に吟味したものだけをスタメン入りさせましょう」

ちなみに、家具を購入する際は、デザインだけでなく、サイズや扉の向き、どのように使うのかを具体的にイメージするとよいそう。また、大型家具はどこまで配送してくれるかも確認してと呼びかける。

「購入方法によっては、マンションのエントランスまでという配送パターンもあるので要注意です。最近は通販も充実していますが、木目調の家具は選ぶのが難しいので、できるだけ実物か、サンプルを見るようにして。イスやベッドなど、身体に直接ふれる家具は、実物で試してから選ぶほうが安心できます」

おしゃれな女子部屋は1日にしてならず。女子だけでなく、男子にも役立つポイントがあったのでは? アドバイスを参考に、理想の部屋づくりにトライしてみて。●取材協力

Yuu
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2017/04/132150_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

イケア・ニトリ・無印良品が提案。心地いい一人暮らしの部屋
3年がかりのDIYで築45年の和室が完全なるヨーロッパスタイルに
あのメーターを再現! 「シュタゲ」コラボ部屋を見てきた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。