体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【最高の絶景グルメ】南アフリカの生牡蠣が最高すぎて涙が出てきた件 / 幻のサファイアに輝く生牡蠣「ワイルドオイスター」

south-africa-knysna-oyster3

日本人は牡蠣が大好き。広島の牡蠣、三陸の牡蠣、厚岸の牡蠣、そしてフランスの牡蠣、あらゆる牡蠣が生食として愛されていますが、「南アフリカの牡蠣が美味しい」と言われたら、あなたは信用することができますか? 南アフリカの地方都市、ナイズナ(Knysna)は極上の生牡蠣が食べられる地域として、グルメな人たちに知られている、希少な牡蠣王国なんですよ。

・知る人ぞ知る荒らされていないグルメ王国
南アフリカで有名な都市といえばヨハネスブルグやケープタウンですが、ナイズナはそれらの都市から離れた場所に位置しています。主要都市から飛行機でジョージ空港かプレッテンバーグ・ベイ空港まで移動し、そこから2~3時間ほどクルマで移動した地域です。日本人にはまだそれほど知られていないエリアですが、だからこそ「知る人ぞ知る荒らされていないグルメ王国」になっているんです(笑)!

south-africa-knysna-oyster1 south-africa-knysna-oyster14 south-africa-knysna-oyster13 south-africa-knysna-oyster15 south-africa-knysna-oyster11

・「世界一の牡蠣」と言われるほど美味
南アフリカ人なら、ナイズナの牡蠣を知らない人はいません。ナイズナには広大な干潟があり、インド洋の清潔で栄養豊富な海水が流れ込んでいます。そんな特殊な地形のおかげで、幻の牡蠣「ワイルドオイスター」が育ちます。その名の通り天然の牡蠣で、収穫できる量に限りがあるだけでなく、その味は「世界一の牡蠣」と言われるほど美味なことから、極めて希少価値の高い牡蠣になっています。

・この世に存在しないファンタジーな食べ物
ワイルドオイスターは殻が厚く、そしてサファイアのように輝いているのが特徴です。まるで宝石を生成しているかのような殻は、魔法世界の「この世に存在しないファンタジーな食べ物」のように思えます。それほど美しくて衝撃的な見た目なのです。

south-africa-knysna-oyster8
1 2 3次のページ
Photrip フォトリップの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。