体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

衣替えタイミングの今利用したい「せんたく便保管パック」体験レポート

衣替えタイミングの今利用したい「せんたく便保管パック」体験レポート

衣替えのシーズン到来。でも、重くてかさばる冬物の衣類は、クリーニング店に持っていくだけでも一苦労。宅配クリーニングサービスは、自宅まで集荷と配送をしてくれるので、ラクチンです。さらに今人気を集めているのが、クリーニング後、オフシーズンの衣類を保管してくれるサービスです。一体どんなサービスなのか、実際に使ってみた体験レポートをお届けします!

冬物一式を出したいならパック料金がお得

「持ち込むより、送料や保管料がかかるのでは?」との思い込みから、今まで保管サービスはおろか、宅配クリーニングさえ利用してこなかった筆者。調べてみると送料や保管料が無料のところも多く、もっとはやく使ってみればよかった……と、少し後悔。

宅配クリーニングおよび保管付き宅配クリーニングは、複数の会社がサービス提供しています。

料金が○点まででいくらと決まっているもの、1点当たりいくらと積み上げるタイプ、また、保管期限も6カ月までや9カ月までなど、少しずつ料金プラン・サービスが異なります。

今回筆者は、冬物一式を出したかったので、『せんたく便の30保管パック』を選びました。30点で1万7780円税別なので、単純計算で1点約593円。近所のクリーニングチェーン店では、ジャケット(女性もの)が1000円、コートなら1800円、ダウンコートだと3500円になるので、単純に価格だけを比較すれば、かなりお得といえます。

今回利用した『せんたく便保管パック』は、30点パックのほか、15点や10点などのパックもあります(15点の場合、9780円税別、10点の場合、7780円税別)。送料や保管料は無料です。

登録から梱包まで~かさばるダウンコートもたくさん入った!

まず、パソコンや電話で登録とキット送付の申し込みを行います(年会費や会員料はかかりません)。点数とパックの数、住所等を入力するだけなので5分ほどで完了。この時点で保管してもらう期間も入力。冬物の衣類は、2月から預かりを開始していて、最長12月31日まで11カ月間も保管してもらうことが可能とのこと(夏物の衣類は、9月から預かりを開始して翌年5月31日まで9カ月間の保管が可能)。冬物の衣類の返却期間は、9月1日~12月31日。返却月を選び、上旬、中旬、下旬を指定します(日時の指定はできません)。オフシーズン中ずっと保管してもらえるのはうれしいですね。【画像1】キットには、集荷バッグ、ご利用ガイド、宅配用着払い伝票、保管パック申込書、指示シール、結束バンドが入っています(写真撮影/内田優子)

【画像1】キットには、集荷バッグ、ご利用ガイド、宅配用着払い伝票、保管パック申込書、指示シール、結束バンドが入っています(写真撮影/内田優子)

一週間以内にキットが届きます。コンパクトにたたまれたバッグをみて、30点も衣類が入るのだろうか? と不安がよぎります。広げたバッグの大きさは、横40cm×縦44cm×奥行48cmの約85リットル。バッグに何度か衣類を出し入れして、入る量を確かめながら、衣類を決めていきました。【画像2】まずは、コート類をピックアップ! ベルトやライナーはつけたままで送れば、点数には入りません(写真撮影/内田優子)

【画像2】まずは、コート類をピックアップ! ベルトやライナーはつけたままで送れば、点数には入りません(写真撮影/内田優子)

せんたく便は申し込んだ点数まで詰め放題なので、店頭に持ち込むと高くなるダウンのコートやジャケットなどを優先。3点のコートを入れてもまだまだ入りそうだったので、ビッグサイズ(4L)な夫のダッフルコートやフリースの上着、近くに住んでいる父母のダウンコートも2着入れることに。サイズが大きくても1点のカウントになることを問い合わせて確認しました。

1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。