ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界三大運河の1つ!「スエズ運河」の歴史と概要

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
世界三大運河の1つ!「スエズ運河」の歴史と概要

今回はエジプトにあるスエズ運河を紹介します。スエズ運河は昔も今も世界を代表する運河として機能しています。時には世界情勢を大きく揺るがす場にもなりました。今回はスエズ運河の概要を見ていきたいと思います。

 

スエズ運河の概要・特徴

スエズ運河は地中海と紅海を結ぶ全長164km、幅22m、深さ8mの世界を代表する運河です。完成は1869年。スエズ運河の完成によりヨーロッパからアジア方面への航路は8,000キロも短縮されました。文字通り、世界の海運を変えた運河なのです。

スエズ運河は決まった箇所でしか、船舶の行き違いができません。そのため、通常は船が隊列を組んで進む「通航船団方式」を採用しています。スエズへはエジプトの首都カイロからバスで2~3時間かかります。

 

世界史を揺るがしてきたスエズ運河

スエズ運河が完成した後、1875年にイギリスがスエズ運河株式会社の株式を買収。スエズ運河はイギリスの管理下に置かれました。

スエズ運河がクローズアップされたのは1950年代、第二次中東戦争の時です。1956年にエジプト大統領に就任したナセルは同年7月にスエズ運河の国有化を宣言。これに対してイギリス・フランス・イスラエルがエジプトに軍事侵攻しました。

関連記事リンク(外部サイト)

エジプト旅行で食べたい代表的な料理&スイーツ22選
元旅行会社社員が本気で選ぶ!エジプトのおすすめ観光スポット30選
エジプトのシナイ半島で格安な豪華旅行を満喫しよう
水没から救われた巨大神殿「アブ・シンベル」の歴史と概要

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。